師走模様替え

5/ⅩⅡ.(土)2020 小雨 12/4は浅香唯の誕生日「松本明子presents 黄金の80年代アイドルうたつなぎ」にも参加!

大相撲の懸賞旗で隠れて見えなかった「劇画オバQ」の拡大コピーを上部に垂直移動して貼り直す。本編が読みたい人はスタッフに聞いて下さい。ちょっと哀しい物語です。↓。

今年は「コロナ」一色でしたね。過度な潔癖症とされていた「不潔恐怖」の人の日常的な取り組みを国民はオーバーだと笑っていましたが、今はそれが模範解答です。ちょっと前まではマスクは若い子には必須アイテム(メイクの手間が省ける、ジロジロ顔を見られてもガードになる、美人にみえるなど)だったが、目上の者の前でもマスクをつけっ放しなのは「失礼」だから外せと注意されていた。それが今や国難を乗り切るのに最重要項目で去年までの「常識」は覆されました。ポスト・コロナの時代には「マスク」は続けてゆくのでしょう。昔は女性は着物の下は「ノーパン」だったらしいのですがどこかのデパートで大火災があり消防車が来て下に安全なクッションをひき飛び降りるように命じたが若い女性はノーパンだから恥ずかしくて飛び降りられず被害が広がりそれから着物の下にもパンツを履くようになったと中学の授業で習いました。このように、数年後に、社会科の授業で「昔は人前でマスクをしなかったんです」なんて教えたりするのかも。そんなウィズ・コロナの時代のクリスマスは静かです。風物詩なので、クリニックも飾りつけをしてみました。サンタのオーギュメント。↓。

クリスマス用のリース。「かんなぎ」のナギ様&ザンゲちゃんのスタ誕風の下敷きが背景。↓。

「かんなぎ」の3人娘はミニスカ・サンタになり、サンタ&シロクマ(サンタ帽をかぶる)の寝釈迦バージョンも寝釈迦ゾーンに配置。僕が寝釈迦ポーズを気に入ってるのは、「悟り」や「反抗」や「満足」や「怠惰」や「挑発」や「お色気」を同時に発信する記号だからです。↓。

「かんなぎ」のコミックスの第何巻かの付録に付いていた「ナギ様と初音ミクのコラボ・ブックカバー」を「初代院長の訓示」の下に貼りました。初代院長とは傘をさしたカエルのオブジェのことで、こいつが初代院長で僕が「二代目院長」という初期設定を覚えてる人はもういないでしょうね。↓。

クリスマスになるとこれらと一緒に必ず登場してくれるのが、「けいおん」の登場人物たち。これは「お~いお茶」をローソンで買うとおまけについてきました。当時はこういうのを完全コンプリートしてました。「けいおん」コーナーに。↓。

エヴァンゲリオンのクリスマス・マスコット。受付カウンターのエヴァコーナーに。「シン・エヴァンゲリオン」は来年1月23日公開予定ですね。↓。

今、履いてる靴(エヴァのスニーカー)がボロボロになったので新品を買いました。今日、配達されました。↓。

箱をあけると中身はこうです。↓。

これを装着して軽やかにステップを踏んでみます。撮影・うかいさんfrom受付。↓。

処置室の前は、ベルハー(東京最凶と謳われた地下アイドル)コーナーでサイン入りのTシャツや生写真を展示していましたが誰一人として喜ばないので、思い切って断捨離しました。大林亘彦監督映画のポスターでまとめてみました。「廃市」「時かけ」「さびしんぼう」も欲しかったところです。ポスターの下に貼ってあるのは、ベルハー・コーナーの名残で彼女らのライブのチケットです。「鹿鳴館」や「セカンドワンマンのピクチャーチケット」や「ゆるめるモ!とのツーマン・横浜港クルージングライブ」のチケットも必見!?。↓。

断捨離ブームのウエイブは診察室にまで及びます。このスッキリ感。↓。

フクロウのランプの存在感が光りますが、下の収納ボックスは「スモーク君」という名の商品で、自由が丘にあったフランス雑貨の店「ピローヌ」の看板選手でした。スモーク君の引き出しの中も、ほらこの通り空っぽです。要らない物を捨てると新しい物を入れるスペースが出来るので良い物を引き寄せられると良いですね。↓。

皆さんの背後にはLPレコードがジャズ喫茶のように貼り詰められていたのですが、ここもこんな風に変えました。ここにもエヴァがみえますね。↓。

銀座でやった立川志らくの個展で展示されていた色紙の実物を購入しました。志らくと言えばメインキャスターをつとめる「グッとラック!」が3月で打ち切り説が出ています。小林麻耶の呪い、ともっぱらの噂。↓。

セーラームーンのキャラ全員集合です。「セーラームーン世代」と自認する人は20代~30代と幅が広いです。↓。

まどマギのさやかも寝釈迦ポーズ。僕は髪色が青の子が好きみたいです。綾波・ナギ様・セーラーマーキュリー・イカ娘など。ま、人間を外見、ましてや髪型や髪色で判断するなんておかしなことですが。あくまで傾向ということで、どうかひとつ。↓。

ぬいぐるみ達は断捨離されないように本棚の上に避難させました。↓。

他人の本棚って気になりませんか?僕は昔、すごく優秀なお医者さんで宝塚の女優さんと結婚した人格者の家に遊びに呼ばれた時、勝手に寝室と本棚を見に行きました。寝室はオシャレなアラビアンナイトみたいなカーテンが付いてるベッドが置いてあり予想通りで笑いました。しかし、本棚は「おいしい店100店」とか「上手に~する方法」などのガイドブックやノウハウ本ばかりで、僕は寝室以上に「見てはいけない物をみてしまった」と申し訳なくなったものです。下は診察室の本棚の全貌。↓。

左側の本棚。↓。

最近、医療機関や税理士事務所など重要書類を扱う職場で書類を破棄する時はシュレッダーではなく業者に頼むことが流行りだそうでうちもそうしてます。専用の箱が届けられそれに書類を入れて封をすると箱ごと溶解してくれるサービスです。溶解ってすごい発想ですね。下は本棚の「妖怪コーナー」。↓。

僕はリカちゃん人形にはまっていてリカちゃんは色んなものとコラボするのですが(かどやの純生ゴマ油、とか、上野動物園のシャンシャンとか)今度は、鬼滅の刃とコラボですって。販売は来年の5月で早速、受付のスーちゃんにネット予約をさせたのですが、「タカラトミー」では品切れ、「ヨドバシカメラ」でも品切れ、で「イオンモール」でやっとあって予約出来ました。Amazonで調べたら発売前なのにもう「転売」されていて定価の約2倍の値段がついてました。転売ヤーって予約の時点で売りに出すんですね。
下はリカちゃん人形の段。左が「2020東京オリンピック」リカちゃんで幻のリカちゃん人形になりそうですね??右は、スヌーピーとのコラボ。真ん中は某有名女子高の創立祝いのリカちゃん人形。その学校のOGが「それ私も持ってますよ」とこれをみつけて言い、「本当は僕が持ってちゃいけないんですよね」と苦笑すると、「それは、シー、で」と唇に人差し指を立てて言い見逃してくれました。↓。

ここは本棚でありながらDVDのコーナーになっています。植木等やクレージーキャッツのコーナーです。初心者におススメは「ニッポン無責任時代」→「ニッポン無責任野郎」の2作です。とにかく元気が出ます。これは順番を間違えずにみることがポイントです。↓。

植木等人形は本棚の上で「おろち」の横に鎮座させました。↓。

本棚には立川談志のビデオコレクションも収納しました。存在感ありますね。ビデオをみることはもうありませんね。↓。

東京都の感染者も500人を超え外出も自粛するような声が出ています。趣味の外出もあったものではありません。そんな僕の今の1番の楽しみは、Eテレの「ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン」です。毎日、放送されるので帰宅してそれをみるのが至福です。わずか10分の番組です。昔、手塚治虫が「鉄腕アトム」をアニメ化した時、それが30分番組で「子供が30分も続けてテレビをみれるものか」と批判が殺到したそうです。しかし革命というのはそういうものでしょう。あっさり大ヒットして以降子供番組=30分枠は定番になりました。しかし僕は家に疲れて帰ると30分番組をみるのがつらかったりします。そこにクックルンです。丁度良い10分番組、脳に優しい。この番組は小学校1-2年生くらいのアユという小さなポッチャリした子がセンター(赤)で、小学校5年生くらいの幼い感じの男の子フキノスケ(緑)と小6くらいのスラっとした美少女・コムギ(黄色)の3人が主人公で、人間が大好きな食べ物で悪さをしようとする怪人から人類を守るという設定です。僕の癒しはこのサイドのコムギという子の可愛いさで、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」を彷彿とさせます。そして当然ですがこのコムギという子役の可愛さは多くの美少女系子役が皆そうであったように、何年かたつと「フツーの人」もしくは「それ以下」になってしまう悪い予感が今からするのです。骨格や顔のパーツの配置や表情筋の可動域や歯茎のスペースと歯の生え方などが少しでも成長するとそのバランスを失いあやうくなりそうなギリギリの黄金率なのです。つまり今が旬、今が見ごろなのです。そんなことより僕が問題視しているのはクックルンと共に行動する大人のことです。一人は声優さんのような「レオン」という男性でカスタネットを片手に「オーレ!」というのが決め台詞で語尾に「なんとかでR(あ~る)」という変な言葉遣いをする天才科学者で、もう一人が「モメン」という成人した美少女です。モメンはクックルンから「先輩」と呼ばれていてクックルンをサポートする立場です。名前のある女優さんみたいで年齢も22才で若いのですが、この番組のオープニング曲の映像で子供たち3人を両側から挟むようにして真ん中のお菓子をみて「ワ~」って叫んでる様子を伝えるワンカットが一瞬映るのですが、その際の彼女の額にシワが3本寄っているのです。つまり若い女優さんなのに子供と比較されて老けてみえる逆効果現象なのです。これはこの人に問題があるのではなく(実際若いし可愛いし)これを「NG」にしなかった事務所に責任がR(あ~る)と思うのだ。僕なら別のカット、もしくは撮り直しを要求するな、うちのタレントを守るために。ま、テレビの大画面でじっくりみないとわからない程度だし、そんなに大騒ぎする問題でもないのかもしれない。子供と動物には勝てないということか。そんな些末な問題は抜きにして面白いですよ、クックルン。昨日なんて敵が一切出てこないで、子供3人が田舎で地元の人に竹と焚火を使ったバウムクーヘンの作り方を教わって作って食べるという企画で、服装もネルシャツにジーンズに作業靴を履いてフェイスシールド、唯一控えめに自分のイメージカラーをした栗を模したボンボンみたいな物をシャツにつけ、これだけみたら「どこが戦隊もの?」と思うような放送でした。そういうところも和みますが、普段は3人と大人たちが台本通り(アドリブなしで)コントを織り混ぜ料理をします。志村けん亡き後、真面目にコントをする番組って、クックルンくらいじゃないかしら?そういう意味でも貴重。

BGM. ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン OP2 フル アユ、コムギ、フキノスケ


16 Replies to “師走模様替え”

  1. 先生こんばんは。
    ベルハーコーナー、断捨離ですか…。私は診察待ちの時に、あのコーナーが残っているかどうかチラッと見て確認しておりました。本体が「崩壊」したのですから、いつかは無くなるとは思っていましたが。
    時の流れですね。

    1. トモトモさん、こんにちは。

      トモトモさんがいましたね!ベルハーコーナーを気にしてくれてたの。後のメンバーの動きも気にしてみますね。
      年末のべビメタのテレビもチェックし忘れないようにしなきゃ。
      高木さんもBS探してみます。ではまた~

  2. こんばんは。
    昨日の出勤前(夕)に見た天気予報をアテにして、いつも通り自転車で【カッパを積まずに】出勤しておりました。

    早朝に目覚めたら お手本のような雨降り。
    しかも退勤時刻の間際から 強い北風を伴う、窓ガラスに叩きつける降りの強さょ。 _| ̄|○ … あぁ

    定時に同僚の女性を見送った後も居残り、雨が上がるか弱まるまでホールでテレビを見ながら過ごしておりました。 NHK朝の連ドラ、新しいのが始まっていたのですね。 途中から仕事部屋のノートPCも持ってきてパチパチしながら、連ドラ再放送を途中で涙しながらも 全ぇ~ん部(今週分)見ました。

    が、依然として降り止まぬ雨。 仕方がないのでチャンネルをBSに切り替え、『こころ旅』の再放送も2本見ました。 さらに地上波NHKに切り替え、正午のニュースに引き続き、法律のお笑い番組まで見ていた辺りで ようやく雨足が弱まりました。

    ・・・大阪の人たちって 揉め事が好きなんでしょうか。 それすらも笑いにしてしまうあたりに愛着のようなモノすら感じます。 かく言う私も、火事と喧嘩には目がないワケですが(汗

    職場の門から200mくらい?こいだ辺りから再び雨足が強くなり、雨宿りできる地点では既にずぶ濡れてました。

    ・・・と。 ココまでが今日のゴミです。

    で。 覚えてますよ? 二代目(笑
    素直に『お父さんが開業した医院なのだな』と思い込んでました。
    なので【初代】の襲名の方に、むしろ驚かされました。

    BGM. 倉木麻衣 『Winter Bells』

    1. 散文気分さん、こんにちは。

      面白いコメントですね。
      水島新司引退しましたね。野球殿堂入り拒否って、晩年、漫画に実在の選手を出すことに野球機構が肖像権を主張して関係がもめたからだとか。
      昔は、win/winだったのに。世知辛い世の中になりましたね。ではまた~

      1. こんにちは。 昨日はありがとうございました。
        午前散歩(行動中の昼食を含む)を終え、まったりとしております。

        > 水島新司引退しましたね。野球殿堂入り拒否って、晩年、漫画に
        > 実在の選手を出すことに野球機構が肖像権を主張して関係がもめ
        > たからだとか。

        ・・・まったりとしたかったのに、もう。(笑

        少し残念(寄り?)な事例ですが、
        野球機構は個人個人じゃありませんよね。 組織です。
        彼が描いてきたのは選手たちそのもの、個々人です。

        野球殿堂が何であれ、そこを訪れたり紐解いたりするすべての人々に対して、野球というスポーツを通じて生き抜いてきた人々を、その外側から筆を執りつつ こんな風に描き続けていた、・・・そんな男もおったげな。メデタシ、メデタシ。

        と、いう風に収まって欲しかったです。
        どうか命あるうちに和解して欲しいなと思います。

        P.S. 『野村スコープ』というのも すっかり懐かしいというよりは、もはや通じない世の中です。 そんなノムさん現役時代の野球センスを解釈してくれたのが水島新司でした。 そして想像するに、現役を退き指導役へと回ってからのノムさんは、主に若手の育成面でそんな『水島・解釈』を・・・中には利用していたのじゃないか。
        やっつけるのと育てるのとでは、その『立場を変える程度の切り替え』では伴わぬ、流す涙も血潮の種類も違いますっる、ムキムキ。

        以上は単なる野球ロマンですから 勝手な思い込みと紙一重です。
        まあ、個人的な根拠はあったりもしますだ。(笑

        1. 散文気分さん、こんにちは。

          ドカベン、で野球のルールを覚えた人も多いと思うし、野球狂の詩、でプロ野球選手を身近に感じて、プロになった人もいるでしょうにね。
          水島新司の自分の草野球チームは「ボッツ」でしたね。漫画がボツになる、と引っかけたのですね。メッツ、みたいでいいですね。

          PS.どこか新庄を取ってくれないかなぁ。

  3. 先生

    最近、絵を描き始めました。
    夢だったアートセラピーも受け始めました。

    先生は元氣ですか。
    わたしはまだ先生の言葉に傷ついていて、クリニックに行かないでいます。正直に言うと、許せないんです。ごめんね。

    アート活動をするときに、川原由美子って名乗っていいですか?絵を描くのは苦手で、すぐ体調崩してしまうけれど、すこしだけあのときに戻れる感じがあるから続けたいと思うの。

    死にたいと思うときに、あの頃のことを思い出して、笑いながら泣いたりしているよ。

    強くなくてごめんなさい。
    クリニックに通うのが辛くて、いつか通えたらと思うけれど、どうしても通えなくてごめんね。

    脳のMRIと心理検査をしっかり受けようって、考えています。

    Mr.Childrenを聴いたら、先生を思い出したの。

    1. さとゆみさん、こんにちは。

      絵、始められたんですね。アートセラピーも。
      僕も昔、病院勤めだった頃、「絵画療法」の担当をしていました。レクリエーションみたいなものでしたが。
      僕は元氣にやっています。なんか色々すみませんでした。
      「川原由美子」名乗って下さい。
      また連絡して下さいね。ではまた~

  4. 川原先生、こんばんは。

    ぬいぐるみ、断捨離されていなくて安心しました。そして、ピカチュウの配置ナイスです。診察が終わって、立ち上がると、ちょうど視界に入ります。まるで、ピカチュウ 達が見守っていてくれているかのようでした。

    今日は、診察後、蒲田に立ち寄りました。蒲田は、住みたくない街ランキング上位の街ですが、学生時代を過ごした思い入れのある街です。今どき珍しく喫煙可の喫茶店を見つけました。別に吸わないけど。その喫茶店でブログを書きました。本当は、「スマイリング…」について書きたかったのですが、もう、本当に、全然文章がまとまらなくて。仕方なく、今日の日記を思いつくままに書いて更新しました。文章を書くリハビリです。

    1. いずみさん、こんばんは。

      ピカチュウたちの後ろにいるウサギ耳の2体は「デデデデ」の主人公のウサ耳バージョンで、原作には出てこない単なるサービスのシチュエーションです。
      「デデデデ」は「プンプン」の作者の浅野いにおの最新作で現在進行形、僕が「これぞと思った人」には全巻耳を揃えてプレゼントして「読むように」布教してる漫画です。
      蒲田に住んでる少女に聞くと蒲田は本当に治安が悪いそうですね。
      いつも医者仲間の会合の3次会にもなると「蒲田の開業医」と「錦糸町の開業医」が「どっちが治安が悪いか」という不毛な論争をはじめるから僕は「もう夜明けか」と時計代わりに思うのですが、今年はコロナでそんな集会も「なしよ」です。
      タバコが吸える喫茶店いいですね。僕は自分の宗旨替えにあらためて後悔しつつ、昔勤務医だった頃、地下に追いやられた喫煙所でタバコ仲間の笑顔の似合う明るいナースと談笑するのがその頃の僕の心の救いだったと述懐しました。彼女の名前は「台風」みたいな名前でしたがしばらく文通もしてました。いつもニコニコしてる彼女も手紙にはほんの少しだけ弱音を書いてくれ、僕は悩みを打ち明けてくれたことが嬉しくて力になってあげることを忘れてました。ニコニコ仮面の彼女、元気でいるかな?
      指パッチンで有名なポール牧はサイン色紙に「ドーランの下に涙の喜劇人」と書いていたそうです。哀愁が漂いますね。

      PS.リハビリ文章、良かったですよ!

  5. ジョン・レノンの命日ですね。言うことは何もないです。この稀代のミュージシャンが、日本びいきで、俳句や歌舞伎に興味を持ってくれたことで充分。

    BGM:ジョン・レノン「アンジェラ」

    1. papaさん、OHA!

      ジョンの生誕と命日は覚えやすいですね。1940-1980ですから、丁度40才で死んでます。
      命日も12月8日と日本人にとっては真珠湾攻撃の日だから、戦争を知らない子供たちも戦争を知ってる大人たちも、ビートルズを知らない子供たちもビートルズを知ってる大人たちにも、戦争と平和と愛を考えさせられる覚えやすい日ですね。今年は2020年だから、ジョンが生きてたら80才です。
      年齢で思い出したのですが、はやりの鬼滅の刃の映画の「煉獄さん」の年は20才だそうです。
      若いのに立派ですね。な~んて映画、観てないんですけど(笑)

  6. 12月もすでに残すところ、20日間なんですね。イブまで、もう2週間。私にとっては、遅いんだか、早いんだか、わけが分らない年でした。
    12月は、あと2回、某場所に片づけに行く予定です。自室の片づけと並行して、10月から、やってたんですが、自室の方は、ひと休みです。
    今、私がこっているのは、「it came from hollywood」というビデオ。アメリカの古いB級からℤ級の映画の予告編や、映像を集めたもので、これが面白い、そして時としてアブナイ。ひとりでニヤニヤしながら見ています。
    カワクリの年末年始のお休みのため、あす、投薬調整のため、伺います。

    1. papaさん、こんにちは。

      よく知っていますね。僕の脳みそはもうキャパオーバーで長い作品がみれません。
      「おそ松さん」がやっとです。TheMANZIは3日かけてみました。
      今ちょうどいいのが、「クックルン」です。
      年末年始に頑張って「キメツのヤイバ」のアニメをみて、映画に行く予定です。今は第2話でとまったままですから。
      では明日ね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です