我々はどこから来たか?我々とは何か?我々はどこへ行くのか?

10/Ⅳ.(水)2024 はれ 4/11、2024年サンリオキャラクター大賞OPEN!

まずは夢日記。先日みた夢。「医師免許の継続可能試験があって、それに落ちた。何の仕事をしよう?看護助手をするも、流れ流れて南国のペットショップの類人猿の娘に貝殻のビキニをあげたら、恋に落ちて、懐かれて、禁じられたのにSEXしたら、子供が出来た。人間が生まれるらしい」。

日曜に、裏金問題で離党する世耕さんのニュースをサンジャポでみてたら世耕さんが「ゴーギャンの絵の気持ちだ」と言って、爆笑問題の太田が「絵を見せてくれ」と言ってたのが頭に残り、そんな夢の題材になったのでしょう。

下は、「世紀末の美と夢6(非在の地)」、「夢想への逃亡」。

この本の「見返し」がゴーギャンの「我々はどこから来たか?我々とは何か?我々はどこへ行くのか?」。

僕が高校の頃、adidasから世界の島シリーズというスニーカーが出て、僕は友人の誘いで「タヒチ」というスニーカーをお揃いで買い、お揃いで履いて通学してました。僕の学校の制服は上下黒の詰襟だったので、全身黒に足元だけネイビーブルーというのが自分でもお気に入りで、「川原お気に入りスニーカーランキング」歴代2位です。1位は、中学の時、石野真子がニューバンのコマーシャルで履いてた蛍光色のような黄緑のナイキのスニーカー。これも、黒の上下に映えました。

ファッションの話になったから、今日のおめかしはイヤリング。片耳が麻雀牌の「中」。

もう片方は同じ赤でも「薬のカプセル」。

宝石箱。

今、NHKの100分de名著で、フロイトの夢判断、をやってるのはタイムリーです。「夢判断」というと「夢占い」を連想させ、「ヘビ=SEX」みたいな辞典形式に思う人も多いでしょうが違います。フロイトのそれは患者が夢を報告し、連想して行くうちに「自分で気付く」のです。無意識の発見です。

一方、スピリチュアル的には、夢は、違うパラレルを見せられたか、もしくは、違うパラレルを見せること守護霊(?)が何かを気付かせようとすると考える訳です。だから「医師免許剥奪」は「今」の「薬一辺倒な医療」や「診断学に合わせすぎ」な自分のやり方を反省し本来目指していたのはそっちでいいのか?と立ち止まるチャンスをくれているのかもしれません。Eテレ100分de名著、「フロイトの夢判断」好評放送中。

無意識にたどる王道は「夢」かもしれませんが、日常の色んなものが無意識と関係しています。僕は色々と模様替えをしますが、今回は「からかい上手の高木さん」を整えました。何故数ある中からこれを選んだのでしょう?また、模様替えはしょっちゅうしてて、全部を記事にはしてません。何故、今回に限り、記事にしたのでしょう?これも無意識への接近に有効な問いですね。

「1月」~「12月」。どれが「何月」か分かりますか?並べてくれたのは、受付羽田さんの「無意識」。

ここには観光地巡りと、僕の顔写真のコラージュという「意識」も混ぜて。

何年か前のクリアファイル型ミニカレンダーは「1月」「4月」「7月」「10月」。An=1+(n-1)×3。

さて、ここにも「無意識」への切り口が。最近僕が「何故か」購入したものです。それは「新聞紙ストッカー」です。捨てられない新聞をとっとく台車です。

たとえば、WBC日本優勝。

安倍さん死亡。

この日のビッグニュースはこれなのに、デイリーは愚直なまでに「一面」は「阪神」。「安倍元首相銃撃され死亡」が端っこに書いてありますね。デイリーにとっては「青柳完封」の方が「一大事」なのです。ケネディ大統領が暗殺されて各新聞の一面がそれだった時、東スポだけが「銀髪鬼・場外悶絶」という、フレッド・ブラッシーが力道山の空手チョップで場外リングアウト負けになった事件を報告したのと同じ主張ですね。でも、こういう風潮はいいことで色んな価値観がある訳で、何より全体主義にならないのは「戦争」を防ぎそうで良いことでしょう。

戦争と言えば、ロシアはいつまで続けるのかしら?

僕が好きな女子アスリート第1位は、須崎優衣です。

アマレスが須崎さんなら、いつのまにかフワちゃんが…。

この新聞紙も捨てられません。

何故、その新聞?と思われたでしょう。それが僕の無意識。というより、何故この記事?という東スポの意識に反応してるのですが。数ある中でなぜこれを選んだ?というのも無意識。

どうでしたか?無意識を集めた記事にしてみました。そんな僕が皆さまに紹介したい映画です。

ルイス・ブニュエルの「自由の幻想」は、冒頭で女の子たちが公園で遊んでいると怪しげなトレンチコートの男が近寄り子供らに数枚の写真を見せます。子供たちがそれを見入っている横で男はニヤニヤ。それに気づいたお母さんたちが、「どうしたの?」と叫んで走り寄ると、男は一目散に逃げてしまいます。残された写真を母親たちが見ると、思わず「まぁ!!」とビックリして口々に「いやらしい」「お下劣な」「破廉恥」と嘆きます。カメラが母親たちの手元の写真をアップに映すとそれは「夕焼け」や「青く澄んだ海」や「虹」だったりします。場面が変わり、皆大人たちは正装して談話を楽しんでいます。その中に小さい少女を連れたご婦人がいるのですが、少女は皆の前で「ママ、おなか空いた」と言います。すると全員が話を止め、少女と母を睨みつけます。母親はペコペコ皆にお辞儀しながら謝って、「すみません、すみません」と平身低頭、少女を連れ出し、個室に一緒に入ります。トイレのような個室です。母親は少女に、食べ物を差し出し、「はい。食べなさい」と言い、少女はそこで物を食べます。カメラはさっきの社交場を映すのですが、正装した紳士淑女はカメラが引いて分かるのですが、みんな下半身をおろして便器に座っていたのです。そうです、ここはこの世とあべこべの世界だったのです。

僕の紹介する映画は「面白そう!」と飛びつく人が多いのですが、僕の古い友人に言わせると「君が紹介してくれた映画は面白そうなので観るんだけど、大抵、筋が違うんだ。悪いことに君の説明の方が面白いから、観て損した気分になるんだ」ですって(笑)。

どうして数ある映画の中からこれを選んだのでしょうね?無意識の現実世界への支配は際限なく興味深いですね。

BGM. 石野真子「ワンダーブギ」


青春プレイバック〜東中野編(R6年3/31)

2/Ⅳ.(火)2024 はれ 大谷翔平、第3打席で“超速”二塁打。打球速度186・3キロは「球団最速」の安打!

 

青春プレイバックは、80年代に「3チャンネル」で糸井重里が司会でやってた「YOU」のコーナーのひとつ。毎回ゲストが、自分が青春時代を過ごした街を今、「YOU」のアシスタントと一緒に歩き思い出を語る。今回はそれをパクって、僕が中2~大2まで住んでいた東中野をプレイバックします。アシスタントはあなた。

 

大岡山から東中野は30分以内です。渋谷で山手線に乗り換え。渋谷で大谷翔平の看板たちと遭遇。

渋谷はコロナ禍で工事が終わったんですね。山手線が内回りと外回りが同じホームになって便利になりました。

新宿に着いたら、目の前の電車に乗ればいいです。15番線側の人は山手線だから「みどり」で、16番線側の人は総武線の「黄色」でプライバシーを保護。

中野に行くときは中央線に乗っちゃうから東中野駅に降り立つのは何十年ぶりの来日です。外タレ気分です♪

東中野ホームからみんなに見せたいのは、骨法、の道場です。これは僕が中3の頃に出来ました。「なんだろう?」と思っていたら、「UWF」や新日本プロレスの山田(獣神サンダーライガー)や船木が通い出しました。

ここの3階の塾は僕の頃は「東大進学塾」と言いました。僕も通っていました。母がおっちょこちょいで「ここに通えば東大に入れる」と思ったらしいが、先生に聞いたら「東大生が教えてる塾」だそう。僕の先生は東大を落第しまくってる8年生でした(笑)

僕の住んでたのは北側ですが、まずは逆側に降りてみましょう。ちょっとだけ。

東中野と言えば「日本閣」は今や昔。派出所で若いおまわりさんに「日本閣はどっちですか?」と聞いたら、「日本閣??」って3人くらいおまわりさんがいるのに誰も知りませんでした。これが派出所。

僕は東中野と言えば「つけ麺大王」です。しかし、僕の同期には「両国予備校」の全寮制に通ったいた一派がいて、やつらの寮は東中野にあり、この店がうまい、と言って譲らないから「どっちがうまいか」でつかみ合いになったものです。

勿論僕は「つけ麺大王」派ですが、ここもよく利用しました。鉄板で焼いた肉とラーメンセットが売りでした。確か、少年マガジンとヤンジャンとヤンマガを置いてありましたね。「花平バズーガ」とか毎週ここで読んでた。

僕の友人が一時期モデルと付き合っていて、3人でちゃんこ鍋を食べに来たことがある。その後、僕のマンションに寄るのだが、彼女は短期間、モデルばかりを寄せ集めた「アイドルグループ」にいて、シングル2枚とLP1枚を出していた。僕はそのグループがテレビで歌ってるビデオを録画してたからみせたら、彼氏も知らない過去だったらしく「今すぐ消して。レコードも今すぐ捨てて」と照れてて可愛かった。その後、彼女は友人と別れて、そこそこ名の知れた芸能人と結婚したから、今やちゃんこ鍋など奢っても有難くも思わないのだろうな。

僕が住んでた北側に出ましょう。はじめて降り立った日に、最初に目に入った中華料理屋に入ったのですが、今は「ケバブ」の店になってました。

駅前に本屋がありました。健在でした。

ここは喫茶店もやってたケーキ屋。

つぶれちゃうみたい。

僕が中3の頃、異常なスペースインベーダ―のブームが来た。ゲームセンターだけではなく、喫茶店のテーブルもみんなゲーム機だった。東中野の駅前のパチンコ屋の2階もゲームセンターになった。僕はそこでスペースインベーダーをやっていたら、後ろから不良に椅子を蹴られ「順番変われ」と脅された。僕はそんなに喧嘩が強い訳でもないし、相手の学校の縄張りだから席をどいた。家まではすぐ。でも帰り道に段々腹が立ってきて、「これはおかしい!」と思い、家まで走って帰り、何か武器を探した。あまり役に立つものはなく、かと言って包丁を持っていくのも違うから、丁度、お風呂の湯船の栓をするのが、黒いまん丸い球状のものでそれが鎖のようなものにつながってるから、それを引きちぎり、ゲームセンターに逆戻りをしようとした。その時、家には母がいて、「どうしたの?」的なことを聞かれたと思うが、僕は頭に血が上ってたから、何も言わずに家を出た。ゲームセンターにつくと不良の二人組がゲームをやっていた。僕はそいつらのところに行き、風呂の栓をブラブラさせて相手を威嚇して、「席を返せ」とすごんだ。不良たちは「なんだよ!」と声を荒げてこっちをみたが、おれの形相におじけづいたのか、あっさりと退散した。僕はいささか拍子抜けだが、ゲーム機が空いたからそこに座ってスペースインベーダーを再開する。何か店の隅に異変を感じたから振り向いたら、母がこっちを見守っていた。不良たちがビビって去ったのは、僕の武器にではなく、背後で睨みつける母にだった。

駅から僕の住んでたマンションまで歩こう。

そうそう、こんな三叉路があった。

微かに色気づく桜を見つけた。

持ってたバツ丸&グッドはな丸と。

こんな店が出来ていた。

欽ちゃんのTシャツが売ってたから、夏フェスみたく、着替えて街歩きへ。

ここら辺に古本屋があった。そこにはすっぴんで簡素な服を着た薄幸そうな痩せた未亡人(勝手にそう思っていた)が正座して、会計をしていた。その店はエロい本も売っていてドキドキした。僕はわざとエロ本を手に取って、未亡人に出した。未亡人は本を紙袋にしまい代金を払うと丁寧に三つ指ついて「ありがとうございます」と無表情なままお辞儀した。僕はそれがクセになり未亡人が店番の時にはエロ本を必ず買った。「ありがとうございます」と丁寧に礼を言われたいために。僕はどんどんエロくなり買う本も「人妻もの」とか「喪服の女」とかばかりで、お金を払って「ありがとうございます」と言われると、目的は8割以上かなってるから本などロクに読まないで隠し場所に困った。僕が中2か中3の頃で、川原史上最もターゲットが高年齢な時だった。

ここら辺には喫茶店があり、そこのインディアントーストが僕の好物で、野菜嫌いの僕もここのサラダはドレッシングが野菜に流れてひたひたしてしなるから好きだった。ある日、めちゃくちゃ可愛い子が1日アルバイトという日があって、これから芸能人になるという。僕が天地真理以来たくさんのアイドルを見て来たから好みはともかくその子が芸能界で生き残れるかどうかの直感には自信があった。僕のアンテナでは彼女は「生き残る」。その子は誰かというと、デビュー直前の島崎和歌子でした

東中野は脇道や坂道が多くて、僕はまっすぐ家に帰ったことはまずなく、だからこんななんでもない横道たちがなつかしい。名前でも付けとけば良かったな。

さぁ、ついにお見えになったレンガのマンション、ここが僕が住んでたマンション。

一階にレストランとスーパーマーケットがついてました。三越東中野マンション、と言います。まだあった。

正面にマンガがたくさん置いてある喫茶店があって、当時は「漫画喫茶」などはないけれど、僕はよくここでドライカレーを食べてマンガを読んだ。カワクリにいっぱいマンガを置く発想の原点はここかも。よく覚えてるのは、柳沢きみおの「スクランブルエッグ」。僕にしては珍しく、決して自分で買わず、何回もこの店で読み返した。今は沖縄料理屋になってましたが、面影は残っていますね。

三越マンションには当時の横綱・輪島もいて、付き人の相撲取りがたくさんいました。僕は母から「お金がなかったらここでツケにしてもらいなさい」と言われてた目の前の寿司屋で一人で穴子や納豆巻ばかり食べてたのですが、ある日の寿司屋のカウンターは僕(中2)と相撲取りだけという異様な組み合わせでした。そして、その寿司屋、まだありました!

スーパーは、まいばすけっと、になってました。

マンションの横道もレンガ。

これはマンションの正面ののぼり坂。

僕の1番好きな坂道は、その一本隣のこの道。

急勾配を上がるとまるで分度器のカーブのようにすぐ下り坂。

脇に登る階段がありそこをあがるとテニスコートでした。

僕は学校をサボっては天気の良い日に、ダブルスでテニスをする近所の奥さんのテニスの試合を見物してました。当時はまだ世の中に変質者がいるという認識が少なかったから、僕は友好的に見物させてもらい、白いテニスウエアと白いスコートでラケットをスマッシュする瞬間に見える見せパンツも白で、僕はめぞん一刻の音無響子さんを見るまなざしで健康的に日光浴をしながら不健康に不登校をしていた。奥様方は途中からわざと、意図的にパンツを見せてくれてたような。白昼夢ですね(笑)。今は駐車場。

その階段を戻って、坂を下ると、そこは思い出の場所。何度かすれ違った母に連れられてバイオリンのお稽古に行く少女。顔なじみなので、お母さんの方が僕と会釈する。でも、少女はいつも僕の目を見て訴えた。「助けて」。彼女が無理矢理、バイオリン教室に連れて行かれ、どんな破廉恥な「試練」を受けてるのかは知らないが、中学生になんとか出来る問題でもなかったから助けられなかったこと、許してくれ。

坂を下りきると小学校だったはずが。

現在工事中。日傘をさした黄色いブラウスを着たおばあさまがいたから声をかけた。僕はもう何十年も前にこの辺に住んでおり懐かしくなってここに来たものです。ここは小学校ではありませんでしたか?するとおばあさまは、僕を怪しく思わず、色々とここがどういう風に変わってどうなって行く計画なのかを教えてくれた。そして派出所のおまわりさんは「日本閣」を知らなかったとチクると、日本閣ならあそこよ、と背の高い3つの塔を指さした。冒頭の派出所からみえた奴ではないか。

僕はここまで友好的に話してくれるおばあさまにちょっとピンときて、あなたはもしかしてテニスをしてた方ですか?と尋ねると、「私はテニスはしないわ。日本閣のプールなら入ったけど。水の冷たいプールでね」。

なにやら障害児の施設か何かになるらしい。

この坂も思い出深い。

公園もあった。

真夜中に遊具で遊んだ。

月夜にブランコをした。

この坂も好き。

この石段は駆け上げるのは得意だが、駆け降りる時によく転んだ。一段の石段の幅が広いから普通の感覚で走ると日本基準じゃないから調子が狂っちゃう。

イチゴの家のような不思議な店があって水森亜土を太らせたようなオーバーオールを着て茶色いカーリーヘアーの女の人が店の前にいていつも何かしていた。僕はここは何をするところだろう、といつも不思議で、時々目が合うと、その女性(年齢不詳)に呼び寄せられるのが怖いから目を合わせないように、なんならちょっと走って前を通ってた。少年の直観として、何か誘い込まれて青い果実をむさぼり食われてしまうような被害妄想におびえていて、毎日毎日、店の前を走って逃げた。行かなくて済む場所なのに。今はマンションみたい。

この坂の長所は素直なこころ。

この道を進むと、

下り坂になっていて、

急な勾配を注意しないと、

転ぶぞ、なぜなら、

見晴らしが良いから見蕩れてしまうのもあるが、

この坂は石段のひとつひとつのスペースが大きく、リズムが狂わされてしまう、

さっきの坂を下った坂だから。

ここさえ転ばなければ、

あとは道なりに、

正面にはこんな飯屋があった。僕が高2の時に、とんかつ屋があり、僕はうっかりとんかつ屋なのに、「焼肉定食」を頼んでしまった。メニューにあったから。しかし、そこで出されたのは、ただ肉を焼いただけのものでそれとご飯。僕は仕方なくお醤油をかけて肉を食べた。そのことを学校で話したら笑い話になったから良かったが、ただで置かなかったのは唐川君のお母さんだ。唐川君は亀有に住んでる江戸っ子だが、お母さんは「川原君が可哀想だ」と家に呼んでくれ家庭料理を食べさせてくれた。気持ちはありがたいが、僕は偏食なのと、ひとの作ったものは余程の例外(心を許したものが作ったもの)以外は食べれないから苦心した思い出がある。人情には心を打たれたが、舌は別だ。

ここを進むとマンションの裏に出る。

この平坦の道を僕はズックをひきづって歩いていた。この道に面した家の2階に女学生の自室があり、夏には窓が開け放しだから中が丸見え。ただし、彼女の部屋には全身が映る姿見があり、部屋を見上げて覗く僕と彼女が鏡越しでよく目が合った。彼女の家の一階はお風呂で今考えるとこんな物騒な間取りもあるまい。

カノジョは入浴中には必ず歌を歌っていて、窓を少し開けていた。当時、寺山修司がお風呂を覗き捕まったニュースがテレビで騒ぎになっていたから、多分、僕は自制出来たのだと思う。そう思うと、有名人が見せしめに捕まるのは一定の社会的意義はあるのだと思う。

僕はカノジョの歌が聞こえるとざわとスックの音を大きくひきづった。するとカノジョは窓は開けっ放しで歌をやめた。

僕はカノジョのお母さんと顔見知りになり、確かカノジョが一個下だったから、どこかへデートにいったことがあるが、それが映画だったか遊園地だったかは全く記憶にない。そもそも、カノジョは僕の部屋にきたことあるのかな?近いから来ててもおかしくないけど。健康な高校生男女ってもし二人っきりでひとつ部屋にいたらどうなるのだろう?

答えは、ムンクだけが知っている。

この先を曲がると広い駐車場。

僕は夜に行き詰まると何故かここに来た。四方から、知らない家族の会話やテレビの音や喧嘩などが開け放たれて聞こえて来ると、僕はずっとここにいたんだ、と、生まれる前からここにいたんだ、とヘンテコな呪文を唱えて自分を落ち着かせた。

道を戻り、最後の上り坂。

高校時分は毎朝、ここをダッシュ!

すると東西線落合駅。学校にすぐだった。

そこをまっすぐ行くと大通り。

この辺に「つけ麺大王」があった。高校生の頃、兄貴に彼女が出来たらしく、「達二、何時間か外にいてくれ」と千円札を渡された。そんな夜中に行く場所もなし。仕方なく「つけ麺大王」で野菜つけ麺を食べながら、少年チャンピオンを読んでたら、1時間もしないのに兄貴が隣に座り、ギョーザとビールを頼み、僕の分のコップとギョーザを分けてくれるから、二人とも無言でつけ麺とギョーザでビールを飲み、一緒に家に帰った。ネットでは「つけ麺大王」は現存するが移転したらしく、探してみたが見つからなかった。まぁ、そういうことならそれでいいのだろう。

ぐるっと回って東中野に戻りました。

スタンプラリー企画では、「東」が櫻になっています。

折角だからスタンプするか。

 

 

そう言えば、近所のマンションに高校の先輩が住んでいた。ある日、「これから遊びにおいでよ」と招待された。地下の駐車場にはジャガーというアメ車があって、先輩はそれを乗り回してると言った。良いのか?高校生がジャガーに乗ってて。「巨人の星」の花形満じゃあるまいし。
先輩は「俺はこれから家庭教師と勉強。彼女が来るから相手してて」と言い残して部屋に消えて行った。僕はだだっ広いリビングのソファに一人でいると、その彼女という人が入って来た。大理石のように冷たい表情の美人で、僕は軽く挨拶をした。彼女は、「隣に来ない?」と誘ったり、「吸う?」と吸いかけの薄紅いタバコを手渡そうとしたりした。「いえ、煙が目にしみるから」と僕はプラターズのヒット曲のように断った。が、何だ、これは?誘惑してるのか?
そもそも、あの先輩は何のつもりだ?家庭教師なんか来ないじゃないか。
そうか、きっと僕たちのやりとりを部屋からこっそり見てて、こっちが女に手を出したら、「俺のスケに何してんだ?」って美人局みたいに出てくるつもりか?
それとも、倦怠期のカップルが刺激を求めて、チェリー・ボーイを交えて倒錯的な趣味に走るつもりか。3Pとか。「ん~、弱ったものだ」と頭をフル回転させてると、先輩が部屋から出て来て、驚いたことに後ろに家庭教師がいた。
「あれ?本当に勉強してたの??家庭教師、いつ部屋に入ったの?あっ、先にいたの?じゃ、3Pは?なし?」よく聞いたら、ジャガーも父親が運転するのに同乗してるだけなんだって。普通じゃん。馬鹿みたい。

BGM. 杉田二郎「君住む街」

岡田奈々「青春の坂道」


ゲーム2夜〜アイコラ、コラ💢

30/Ⅲ.(土)2024 はれ。問題児・花咲れあが謝罪から開き直り!水着姿公開し、「そろそろFANZAかブラジルに行くしか道がなさそうだけどどっちにしようかな」炎上から大喝采へ

前回の続編。

例題を兼ねて。問題1。診察室の芦田愛菜・バカボン❤️。下の写真とどこかが違うぞ?

どこだかわかりますか?

ほっぺの渦巻きが「赤」から「青」になってます。青の🌀は、僕のお手製。

さて第2問。からかい上手の高木さん。プールでの間違い探し。

下の絵との差は?

正解は、西片が僕に変更。僕は、妖怪かストーカーみたいですね。

第3問。美空ひばり。金鳥の夏。

どこが違うでしょう?

正解は、「金玉」の夏。「こんぎょく」と読みます。

第4問。キテレツ大百科のコロ助。

どこが違うでしょう?

コロ助の頬が紅に染まってます。「はじめてのチュウ」の副反応でしょうか?令和初のねずみ年の年賀状より。荒井注(あらい・ちゅう、志村けんの前のドリㇷのメンバー)。

第5問。寝釈迦コーナー。

どこが違うでしょう?正解は実物大。

モスラの幼虫をタバコがわりに咥えたり、寝釈迦像を片手にポーズ。ウルトラQの、ナメゴン、は寝釈迦ポーズのカエルに寄生。

精神安定?

寝落ちしました。みんな疲れてますね。

第6問。歯痛(は、いた)ポーズの人。

歯痛の川原はロキソニン。

歯痛の文化部長のスーちゃんはイブ。

第7問。三島由紀夫。

陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地でアジる三島を思ふ。首部(こうべ)には、サンリオでもらったキティちゃんの紙製・カチューシャを鉢巻に模して。

第8問。ねじ式。

もはやクイズというより、アイコラ写真の紹介です。白ハート=スーちゃん、せむし男=川原。

第9問。毛皮のマリ―。

美輪明宏=川原、少年=スーちゃん。

第10問。大瀧詠一。

どこが違うでしょう?

スーちゃんは一回、顔を載せて白いハートで消す二度手間。それなら最初から消しても良さそうだが、そこは「円谷英二」精神。見えないところにも手を抜かない。男は外人なので鼻を高くするため、金属製のクリップでプチ整形。割と痛い。お洒落は我慢だ。

第11問。アグネスラム。

中1の時にファンでした。当時も似たようなことしてました。

第12問。横尾忠則の、ON砲。

クイズというより、形態模写になっています。スーちゃんは、国民栄誉賞・王貞治の現役時代を知りません。間近でみる一本足打法の気迫に「怖い」と囁きます。

第13問。偽物語よりキスショット。

これはスーちゃんに麦わら帽子をかぶらせ、僕が不慣れなPCテクニックを駆使して彼女の個人情報を死守した力作。

第14問。麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」。

これも一旦、スーちゃんの顔を貼って、白ハートで消す。

第15問。郷ひろみ「よろしく哀愁」。

ガダルカナルタカ、か、お見送り芸人しんいち、か、じゅんいちダビッドソンに似てませんか?(笑)ジャスティン・ビーバーの斜め顔に似てるとも言われました。

第16問。オイル時計。

逆さにすると綺麗です。

オイル時計の擬人化。

逆さにしました。

 

以上です。

BGM. 森尾由美「天気予報は I Luv U」


スピリチュアル4部作②「少年よ大志を抱け」

池の鯉に一目ぼれした少年たつじは、鯉が英語でカープであると知って、広島カープを応援する。少し野球をやるがすぐ止めた。ウルトラマンやポケモンにもはまったことがあるがすぐ飽きる。月日だけ流れて自分だけ何もしていない。世間体を気にする親から「何かしたら?」とつっつかれ、ネットでみた「大谷翔平、100人の子供たちを米国留学に招待」の記事になんとなく応募。

たつじは20才をとうに超えていたが、人工知能のエラーで選ばれてしまった。渡米したたつじが配属されたのは医学校だった。医学校は「20世紀最後の天才」メロス川原が指導していた。メロス川原については下の参考文献を。丁度漢字の「川」の字の書き順で読むこと。

未完。

メロス川原は、大谷翔平枠の留学生のたつじを可愛がった。「昔は医学と宗教はセットだった。それは、救済、という名前だった。しかし文明が発展し医学と宗教は袂を分かつことになる。元々一緒だった分、両者の中は最悪になる。医学は宗教を金目当てだと切り捨て、宗教は薬は有害だと訴えた。困ったのは間に挟まれた患者だった。その溝を埋める医療の復興を私は目指している。たつじよ、お前は私と一緒に働かないか?」とスカウトした。今まで誰にも承認されたことのない、たつじは二つ返事だ。メロス川原とたつじは医学界の革命児と騒がれたが、一方でそれを恐れたのがアメリカ政府だった。メロス川原をセクハラの冤罪で逮捕した。メロス川原は失望し、一大決心をした。それは「即身仏になる」だった。メロス川原は水の枯れた井戸の下に幽閉した。取り残されたたつじは「俺はこれからどうしたらいいのだ?」と狂気した。そしてメロス川原の井戸に四六時中座り込み、対話した。「メロス川原よ。何故、俺を置いていく?」「たつじよ、私はもう人類に絶望したのだ。最後の望みは、たつじよお前だ。今だから言おう。お前が二十歳過ぎてるのにここに入れたのも、医学校に進学したのも、AIのミスなどではない。私の采配だったのだ」「師よ、だったら何故、私を置いていくのですか?」「お前は人類が残した最後の良心だからだ。お前はひとりで苦しみながら、私たちが追及した、カタカムナ医学を完成させるだぞ。うっ…さ…寒い」。たつじは羽織を脱ぎ、それを井戸の格子に掛けた。「こうすれば寒さも少しはマシになるはず」。たつじも寒い中、井戸のそばを動かなかった。屈強なガードマンたちもその迫力に制止が出来なかった。結果、メロス川原は酸素不足で死んだ。引きずりだされた「即身仏」をみてたつじはつぶやいた。「ミ…ミイラじゃないか」。それでも、救済を求める患者の後は絶たない。師匠を失った無力なたつじに何が出来る?そして、カタカムナ医学はどうなった?

それはこれからの時間軸。大岡山での、たつじの活躍に刮目せよ。

BGM. 長渕剛「俺らの家まで」


スピリチュアル4部作⓸「大岡山心中」

14/Ⅲ.(木)2024 はれ 松本人志めぐる証言。セクシー女優、文春から取材依頼も「もちろん、断りました」

よくよく考えたらこの子は僕が中学の時に、1年だけ五反田に住んでた時に、マンションにいた子です。しばらくして、「ところでこのフランス人形どうしたの?」って聞いたら、誰も知らない、って。いつのまにか家にいた。皆気味悪がったから僕が引き取った。依頼ずっと僕の部屋にいる。もう母が死んで20年くらい経つ。僕とこいつの関係の方が50年くらいだから母を抜いた。誰よりも長い。

かつらはとれて、

ちゃんとかぶせてあげないと。

服もぼろぼろ。替えがないから1度も洗濯してない。

あ~あ、擦れちゃってる。

新しい服を買ってあげたくて秋葉原や中野に行ったことがあるが、ピタリのサイズがない。

スカートもボロボロ。

前にうちにいた大平さんが服を作れるはずだからLineで頼んでみたら、「作ってあげたいですがヤキモチ焼かれたら困るので買いましょう」と探してくれることに口約束。

今、エネルギー療法の先生に気功を習ってるのだが、先生のお母さんが人形の服を作ると聞いたので頼んでみたら、

「そもそも、このお人形ちゃんは、マジでヤバいです!!ちょうど次回は、中級の徐霊編ですよね!この時に成仏というか、御霊を上に上げてあげるのはいかがでしょうか?その後は、お焚き上げ.comに送るのが理想かと。。川原さんがそのままお人形を、御霊入りのまま大事にされたいというのでしたら、それでも良いかも知れませんが、、御霊にとって、いつまでも現世に留まり続けるのはあまり良い事ではありませんからね」だと。

 

で、どうするのか、って?

 

 

「お人形が可哀想だから家に置いときます」。

BGM. RCサクセション「ダーリン・ミシン」


大岡山デート~時を忘れて

26/Ⅰ.(金)2024 寒い 昨日の松本人志不在のダウンタウンDX、浜田雅功の第一声は「ありがとう」

 

今日は時の経つのを忘れちゃうようなデートです。視聴者応募企画です(笑)。

まずは時間ドロボウと戦う「モモ」の作者・ミヒャエル・エンデの写真と、あなたの時計とスマホを預かる係のスピードワゴン・小沢の名言「一人じゃ夜に勝てる気がしない」です。

まずは最近の僕の行きつけの店の紹介。この焼鳥屋は遅くまで開いてるので重宝です。ピーマン体操の有馬かなちゃんは実はピーマンが嫌いだと聞いたので、あなたは大丈夫かな?と考えながらピーマンを撮影しました。

これだけアップだと嫌だろうと思ってシャッターを切ったあと、

偶然、体にカメラが触れて勝手に写真が撮れました。それが下の写真です。僕は「奇跡のピーマン」と名付けました。芦田愛菜ちゃんが微笑んでいます。

僕は町中華で利用するラーメン屋でこないだ喧嘩しちゃってもう行きません。僕が入ろうとしたら、「後、ラーメン2玉なんですよ」と言われたのです。分かります?一つは僕だとして、残りひとりだから、あまり長居されても困る、と遠回しに言われたのです。僕は「わかったよ。またね」と言ったら、こっちの顔色を察したか相手はオドオドしていました。こちとら江戸っ子だい。そんな扱い受けた店ぇなんか2度といかねぇと絶縁です。

 

日曜日によく昼から行って、家族にお土産を買って帰ってた「とんかつ屋」。こないだ家族に「とんかつ屋、行って来る」と言ったら、止められまして。「?」と聞いたら、「あなたが、とんかつ屋と喧嘩して、もう2度と来ないと啖呵切って来たって。でも忘れちゃうかもしれないから、とんかつ屋に行くと言ったら、止めろ、って言ってたじゃない」だって。かぁ~この店もダメか。

 

挙句が焼き肉屋。その日は早く閉めると言うからどうしたのだろうと思ったら、親戚に不幸があったから、朝早いのだと。僕は常連客だから、ポチ袋に1万円札を入れて、おかみさんに渡して帰った。次回行ったら店主が丁寧に「こないだはお心遣いありがとうございました。でも、あれは受け取れません。いつも飲み食いしてる代金より多いじゃないですか。また来て欲しいから」だと。「いやいや、こっちは江戸っ子だい。一度出した金を引っ込められるかい」って跳ね返したが、それでも俺の手にポチ袋を握らせるから、頭に来て、「わかった。もうてめえの店は二度と来ねぇ」と喧嘩して帰って来ちゃって。近所で行く店ないよ。こういう喧嘩の仲裁をイエスさまがやるのを小学校の聖書の時間に聞いたな。それを思い出して、カワクリで「聖劇」をかつてやりました。それの再録をします。初めての人は新鮮に、みたことある人は懐かしがってみて下さい。

出演・うかい、スー、渡辺、川原。

↓。

・【三方一枚損】

村人Xが、煙草を吸って休憩していた。↓。

そう長居もしてられない。その場を去る、村人X。↓。

「あ~腰が痛ぇな。休憩でもするか」と村人Yがやって来た。↓。

村人Yが煙草を吸う。↓。

「おや?こんな所に忘れ物がある。ベルハーのCD3枚。今となっては貴重な物だ」。↓。

「おいおい、お前さん、忘れ物だよ」。↓。

「ベルハーのCD3枚、あそこのベンチに忘れてあったぞい」。↓。

村人X「確かに、これは元はあっしのだ。しかし、一度、あっしの手から離れた物だ。拾ったお前さんの物だ」。↓。

村人Y「いやいや、あちきだって、ナザレの生まれよ。こんな物を受け取った日にゃ、村の笑いモンだ。お前に返す」。↓。

なにを~、わからずやめ~。こうなりゃ、フェンシングで決闘だ、望むところよ。↓。

やめれ、やめれ~。喧嘩はいけねぇだ~。↓。

誰か仲裁ばしてけろ~。↓。

そこに現れしは、ナザレのイエス。「どういう訳で喧嘩になったか経緯を教えてくれないか?」。↓。

「なるほど。3枚のCDを、落とした方も、拾った方もお互いに受け取らず、相手に与えようとしてる訳だな」。↓。

何か良い解決策がないものか。無駄な血を流させる訳にはいかない。↓。

ひらめいた!「ここにもう一枚、同じベルハーのCDがある。これは私の物だ」。↓。

これをさっきの3枚に加えると合計4枚になる。↓。

それを2枚づつに分けて、おのおのに分けることにしよう。↓。

村人Yは、本当なら3枚もらえるところが2枚だから、1枚の損。↓。

村人Xは本来なら3枚戻ってきていいのに、2枚しかないから、1枚の損。↓。

そして、かくいうイエスも自分のCDを与えたのだから、1枚の損。↓。

「こうして、みんな平等に、1枚づつ損をした、ということでどうだ?」「なるほど、それなら合点がいくぜ」「こりゃ、一本とられた」。

これぞ、名裁き「三方一枚損」。↓。

アホか~!どこが聖劇やねん。大岡政談じゃないか。いい加減にしろ。↓。

という訳で、おしまい。田舎のお母さん、見てる~?アーメン。

 

↑どうでしたか?聖書の教えと、大岡裁き、って似てる話があるんで、解決したのがイエス様か大岡越前か迷うことがあるんですよね~

 

さ、夜通しデート、と言えば、まずは、定番のカラオケだ。

昔の友達(女子)からこんなレターを貰った。

 

川原くんへ

火曜日、昭和のアイドル曲カラオケ大会があって歌わなきゃいけないんだけど、何歌ったらいい?😵‍💫聖子ちゃん以降でお願いします。そして今の私が唄ってもイタくないような感じの。

と言われたからいくつか候補を出してあげた。

僕らもそれをするか?お互いが相手に歌わせたい歌を選択するの。僕からのリクエストは、

竹内まりや「不思議なピーチパイ」杏里「オリビアを聴きながら」岡田有希子「くちびるNetwork」原由子「ハートせつなく」松田聖子「制服」です。

あなたのリクエストは?

 

それでは夕ご飯。大岡山から歩いて行けるけど、電車なら一駅、奥沢の店。テレビで紹介されたこともあるって。

ワインで行こう。

最初は、骨付きソーセージ。マンガに出てくる肉みたいですね。たとえば、はじめ人間ギャートルズ、とかに。

シーフードピザ。タバスコってアントニオ猪木が日本に輸入したんだよ。

そしてこのパスタが「マツコの知らない世界」で紹介されたんだって。「ガーリック明太子と大葉スパゲティ」。

タンシチュー。

お店はこんな感じだよ。

これが「証拠」。

 

さて、まだまだ夜はこれからだ。大岡山のクリニックに戻って映画をみよう。きっと僕らは、面白い映画ってなんだ?、という話になって結構ややこしい方向に彷徨ったりしながら、最終的には喜劇映画に落ちつくと思う。僕が二十歳の頃、月に一回、土曜の夜、浅草の六区の映画館でクレージー・キャッツの5本立てのオールナイトをやっていた。それをここで再現しよう。僕はクレージーの映画なら大抵持ってる。あなたは興味はあっても、女の子が1人で行くにはハードルが高いと思うから。

 

カワクリシアターは、テレビモニターの前のソファで。

アニメ開始から10年以上経ってるけど、さすがに学生服はまずいから私服にして。

さて席亭は私が務めましょう。
一本目が「ニッポン無責任時代」で二本目が「ニッポン無責任野郎」。この2本は、川原達二が選ぶ日本の喜劇映画10本に間違いなく選出される作品で、そんな架空のランキングなどどうでもよくて、この2本はそれぞれが面白いのだが、話がつながっているから続けて観ると何倍も面白いよ。

まだ観てない人は、観るといいです。
順番を間違えないようにね。「~時代」、「~野郎」の順です。

きっとあなたは嬉しそうにゲラゲラと笑いころげてて、2本が終わると輝いた顔をして、「スゴイね!」と興奮しているはず。つづいては、海外ロケの「黄金作戦」と後期の傑作「ぶちゃむくれ大発見」

あなたはついにこの辺で飽きて来て、映画の途中で眠り出すだろう。だから、オリエンタルなゴザをひいてげるよ。そこで横になりな。

風邪ひかないように、僕のニットをかけてあげる。

こうして映画館は観客は僕一人。

 

ラストの5本目は、「喜劇泥棒家族」にします。
ストーリーは、ある島の住民は全員が泥棒で、時々、船で本土へ行っては集団で泥棒をして生計を立てていた。その島の泥棒のボスが植木等で、植木は昔、警察に捕まって拷問を受けて片足が動かなくなって、杖をついていた。警察はいよいよ本腰を入れてこの泥棒達を捕まえようとし、島に乗り込んでくるのである。
圧巻は、男どもが次々に逮捕される中、最後に残った植木等が刑事に追い詰められるシーンである。
なんと、植木等はそこで杖を捨て、動かないはずの方の足をヒョイ・ヒョイ・ヒョイと動かしてみせ、画面いっぱいに満面の笑みを浮かべ、空を飛ぶ鳥のように、海を泳ぐ魚のように、活き活きと走り回るのである。
植木等、健在!という感じだ。
何だか僕は、この僕以外は寝てる映画館で、1人、感動しているのである。
結局、泥棒は全員捕まり、働き手(と言っても泥棒だが)を失った島は女と子供だけになった。警察は、泥棒は逮捕したが、盗まれた金品を島から見つけ出すことは出来なかった。ボスである植木等が、決して口を割らなかったからである。
ラストは、自転車の練習をしている子供に女たちが、気をつけなさいよ、と声を掛ける。
子供は、それでもよろめいて、電柱にぶつかって転んでしまう。
ほら~、言ったばかりでしょう、と女たちが駆け寄ると、自転車の前のライトのガラスが割れて、中から金銀財宝が顔を出していた。植木等は警察の目を誤魔化すためにここに隠していたのだ。驚く女たち。キラキラと輝く宝石のアップで映画は終わった。
不覚にも僕は感涙して、少し落ち着いてから、あなたを起こして映画上映はおしまい。
犬一匹、猫一匹いない。カラスも鳴いていない。クリニックに差し込む朝の光。僕はその朝日と瞼に焼きついたキラキラの映画のラストシーンの両方を自分の未来と重ね合わせて、先はみえないけど何とかなる、と根拠のない確信を得て、頑張ろうと心に思ったんだ。

朝だよ。東京の空はいつのまにか綺麗になってるね。

ブルースカイブルーって感じ。

どうする?昼までいる?とりあえず、お昼は食べようか、北口商店街の蕎麦縁「さかもと」へ。僕はカレーうどんにするよ。

鶏のから揚げも頼むから分けて食べよう。

 

どうでしたか?時を忘れたデート。僕らはこんな風になれるといいなと思いました。

 

感想だけどやっぱり門限は決めといた方が良い気がするよ、シンデレラ。

 

BGM. クールス「シンデレラ」


呪物

19/Ⅰ.(金)2024 寒い。松ちゃんの女性セレクト指示「人妻」「高校や中学の先生」「スタバの店員」。

 

いきなりですが問題です。下の中味は何でしょう?

正解は、大谷翔平のTシャツ。

デコピンと一緒。今日あたりは、大谷が全国の小学校に贈ったグラブがお披露目される頃でしょうか?

 

僕の方はと言えば、歯痛は歯医者も整形もお手上げ。「実は帯状疱疹では?」という意見まで。昨日はロキソニンや漢方を飲みまくり湿布を貼りまくるも、30分と保たず。こうなったら後は「愛」しかない。「お手当て」などという言葉があるようにずっとさすってて貰いたいが現実的ではない。そこで思い出したのはいつも僕と一緒に寝ている子。

 

「この人形」はいつからか家にいて、誰が家に持ち帰ったのかは家族の誰も心当りがなかった。きっと、プレゼントかどこかのお土産で貰ったのだろうが、その行為自体を当人が忘れてしまっているようだ。昔の家族も今の家族も、(構成員は別なのだけれど)、皆、こぞってこの人形を不気味がる。だから必然的に人形は僕の部屋に飾られて、もう4~50年になるのか。↓。


残念ながら、この人形に何か特別な力がある訳ではなくて、ただ、僕の中学受験のための塾通いの頃から中学合格、その後の僕の生活をずっと見てきて知っている。僕がマンガを読んでいる時も、投函しそびれたラブレターを書いていた時も、ホルンの練習をしていた時も、深夜ラジオを聴いていた時も、友達が遊びに来て馬鹿騒ぎしてる事も、親に隠れてウイスキーをこっそり飲んだことも、憬れのアイドルのピンナップも、好きなプロレスラーのポスターも、僕のお気に入りの歌手とレコードも、整髪料で髪型に異常にこだわって鏡の前に立っていた姿も、それから、僕の喪服姿も何度か見て知っている。
僕の歴代の彼女も、一回きりの人も僕の部屋に遊びに来たことのある人は皆会っている。今も、僕の部屋に来れば会えます。

中川翔子のデビュー10周年を記念したライブ「超☆野音祭」、日比谷野音にも連れて行った。せっかくだから、マイナスイオンを発する緑の中に、人形を出してやり記念撮影した。↓。


今回のライブは皆、サイリウムを手に持っているが、僕はうっかり用意してこなかった。すると隣の人が、サイリウムを2本くれた。しょこたんのファンは皆、親切なのである。前にも、貰ったことがある。ところで、僕の人形はどうしたかと言うと、ちゃんとこのような形でステージを見ていました。↓。

僕の好きなジョークで、「あいつ100人の女と付き合ったらしいぜ」、「お前も言いたきゃ、そう言えば?」って言うのがあり、僕の「歴代の彼女」って実際のところは好きなアイドルやタレントのことで、山口百恵、高田みづえ、竹下景子、石野真子、柏原よしえ、オードリー・ヘップバーン、伊藤つかさ、キューティー鈴木、三田寛子、浅香唯etc。でも生のライブを見たのは生涯初だと思う。

そんな彼女を霊能者は「もう呪物です。納めては?」というが、こいつを手放すくらいならたとえそれが地獄でももろともだ。でも呪物ならと思い、この子に「つらいから痛みをとってよ」とお願いして患部に彼女の手を当て一晩寝た。そうしたらウソみたい。朝起きたら歯痛がケロッと治ってる。

現在午後9時2分。今のところ痛みの再発はない。

BGM. 斧乃木余接(早見沙織)「 オレンジミント 」


今年も大岡山近辺でデートしましよう。

9/Ⅰ.(火)2024 はれ 文春砲恐るべし!今度は、亀ちゃん

 

1月9日はカワクリの開業記念日。仲睦まじき、秋篠宮家。右から、眞子さま・佳子さま・悠仁さま…?あら、悠仁さまのお顔が…。

カワクリはお誕生日の飾りつけをしました。

 

しかし、今日のスポーツ紙の一面はどこも「松ちゃん」でしたね。次回の「ワイドナショー」には出るそうだから録画しないといけませんね。

さて、そんな年明けですが、今年も大岡山デートをしませんか?お暇なら来てよね、私さびしいの。と、五月みどり風に初めてみました。

 

新年なので普段使ってるコースターも変えました。これまでは「デデデデ」の「おんたん」。

「デデデデ」は今度劇場版アニメ化されるそうですが、「おんたん」役の声優は、あのちゃん、がやるそうです。ちなみに主役の小山門出はYOASOBI の幾田りら(いくら)です。待ち遠しいですね。出来たら一緒に行きたいですね。

新調したコースターは、ぺろりん先生の所属する「でんぱ組」。

 

それではデートのスタート。まずはランチだね。「孤独のグルメ」でも紹介された、九絵、に行こうか。

漁師料理と名乗るだけあって威勢がいいです。相変わらず店内で大声で夫婦喧嘩をしてて、ホールを担当するブレイキングダウンに出て来そうな息子にお正月の「地震」と「飛行機事故」の陰謀論を聞かされました。これを、人情味がある店、と言ってリピーターが多いから、蓼食う虫も好き好き、ですね。

 

これが「九絵定食のなめろう付き」。

お刺身の下はサラダになってます。

これが煮物。

あら汁。

なめろう。

自家製の卵焼きときんぴらごぼう、など。

ご飯はお代わりし放題だけれど、あなたは最初から「ご飯、半分」にしておいたら?ボリュームがすごいから。美味しいけど食べきれないでしょう。

入り口の貼り紙だと大将、患ってたみたいですね。全快お祝い申し上げます。

久絵の店名は、「腹いっぱい食え~」という意味だそうです。まさかの駄洒落。

大岡山には、駄洒落を使った店が散見されます。たとえば、印鑑屋。

鳴穂堂、の駄洒落なんですね。なるほど。

 

大岡山を舞台に撮影されたものに、「ギボムス」があります。原作はマンガ。

ポップは当時の受付の鈴木さん(元うかいさん)が書いてくれました。

新年の2日にスペシャルをやったそうで、鈴木さん(元うかいさん)は「面白くて3回みた」そうです。

クリニックのテレビは節電中なので、ギボムスのポスターを。節電中のピカチューも鈴木さん(元うかいさん)が描いてくれたポスターで、節電チューとピカチューを掛けた駄洒落です。

鰻屋さんでもらったアンパン。これ、ギボムスのお正月スペシャルのドラマの最後に出てくる商品なのだそうです。

セブンイレブンで売ってるそうです。

ベーカリー麦田のロケ地で自撮りしました。パン食い競争の要領です。

 

夕飯は中華に行こう。歩いても行けるけど電車で一駅、奥沢の四川料理・荒木。

まずは青島ビールでいい?

前菜はクラゲ。キュウリは抜きました。欲しければ別盛でもらいましょう。

味変にお酢を掛けると美味しいよ。

これは腸詰。ネギが嫌なら別盛にしようか。

紹興酒はストレート。あなたも少しはお酒を飲んだらいいのに。覚えたての歌を歌って欲しい夜だ。

これはフカヒレ姿煮。

最後は四川だから麻婆豆腐で。僕はご飯を麻婆豆腐の上に載せるタイプ。

 

僕の子供の頃はよくみんなで中華街に行ったものです。父が眼科をやっていて従業員がたくさんいたのだけれど、その中に中国の人がいて、その人の親がやってる店が中華街にあったから。その家は何人もの姉妹がいて、長女は僕が幼稚園の頃遊んでくれたお姉さんで、末っ子は僕が浪人時代に励ましてくれた少し年上のお姉さん。好きだった人。

うちの眼科には眼鏡部という眼鏡や訓練を担当する男の人もたくさんいて僕とよくキャッチボールをしていた男の人は野球とギターが上手な、ギッチョの好青年。
僕が淡い恋心を寄せていた中国人の末っ子の女性とその人が付き合っていると知った時には、お似合いだと思って、祝福した。悔しいけどね。
だけど、彼女の国籍かネックで、結婚は出来ないという話を聞いた時にはショックだった。僕はもうハイティーンだったので、ある程度の事情も理解できるつもりだった。
僕は彼女と茅ヶ崎の海岸を海水浴場から辻堂の方向へ遊泳禁止区域まで話しながら歩いていた。江ノ島が僕らに近寄って来る。
僕は僕なりに良いアドバイスをしたつもりだったが、彼女は「タッちゃんは、まだ子供だから判らないのよ」と馬鹿にした。
すると、急に雨が降り出して、まるで彼女の涙雨みたいで、僕らは濡れネズミみたいになったから、大慌て。
海辺から近くのパシフィックホテルに駆け込んだ。
家に帰ったら、父がパシフィックのことを、「昔は一流ホテルだったが、今は連れ込みホテルになった」と嘆いていて、少し焦った。
後にサザンが「夏をあきらめて」で同じような光景を歌っていたから、僕は桑田にこのこと喋ったっけ?と頭をひねったものです。

しかし僕は訳あって自分の経歴から茅ケ崎を抹消したから、今は「江戸っ子」です。でも三つ子の魂というのか年をとったからか、最近茅ケ崎の子供の頃の家の夢をよくみます。茅ケ崎にはとんど、寄ってないから今更行く勇気はないです。誰かがボディガードのように一緒にいてくれれば行ってみたい気がしないでもないけど。

今度企画します?茅ケ崎デート。

 

BGM. サザンオールスターズ「夏をあきらめて」


発病までの記録

1/Ⅻ.(金)2023 はれ、寒い 吉田拓郎 一夜限りの復活。「‥とかに曲を書いたり」。

 

古い日記をみつけた。1987-1988年のもの。昭和62-63年。昭和64年は1月だけで平成元年になる年です。

タイトルが仰々しいですね。自分がいつか狂うんじゃないか?と思っているから、「遺書的」に残したものでしょう。勿論自殺するつもりではなく、「正常」な時期の記録を残しておこう、的な意味の遺書。その頃は、「正常」と「異常」に明確な区別があると思っていたし、思われていた時代なのがうかがわれますね。島崎藤村の「夜明け前」を意識してたのかもしれません。中身をみていきましょう。

「フリーバーズ」とは僕が作った「総合芸術秘密結社」のことで全国展開を狙っていたが「東京フリーバーズ」の3人のみで終わる。いわば「詩を書かない詩人」の集まり。

同年代の男子がどんどん「大人」になって行くのに焦っていますね。

海に出かけたりして。

あっちゃんとのりちゃんは従妹です。「来日する」とは外タレみたいですね。

アイスクリームとは僕の好きなクラスメート。学級委員みたいに真面目で地味なクセに気が強く「川原君!」と僕には厳しかったが、たまにノートを貸してくれたりするから、「甘くて冷たい」ので「アイスクリーム・ベイビー」と僕が名付けました。この辺は彼女の誕生日だったのでしょう。

タロット占いにすがってますね。下がその時の描写。現代なら写メですね。

物的証拠。

牛久保は、ベッドサイドを回る班の一緒の女子。アイスクリームの傷を埋めてくれてた。

プラカンとは、実際の症例に学ぶプラクティカント、の略。

2内とは、第2内科。当時は「臓器別(消化器・循環器・呼吸器など)」ではなく、そういう言い方をしてた。

牛久保が他の男子と仲良いことを知り、かつ旧友が「大人」になって焦る。

臨床実習ではワイシャツにネクタイで行かねばなりませんでした。ECGは、心電図のこと。

最後のフレーズは遠藤賢司の「不滅の男」の歌詞ですね。

荒れてますね。

さらに荒れる。

ゲシュタルト崩壊。

心を表現するのに「言葉」や「文字」は不要ですね。

「三番目に大事なもの」とは初期のRCサクセションの屈折した名曲のタイトルです。

2外とは第2外科のこと。

日本シリーズ第6戦の9回表、西武の日本一決定目前の場面でファーストの清原が突然涙を流し、それをセカンドの辻がなだめた。巨人に入れると思ってたのに、巨人がドラフト1位に指名したのは、PL学園高校の同期・桑田だったから感無量だったのでしょう。KKコンビがプロ入り2年目の年。俺は何をやってるんだ?

マニックディフェンスしてます。「ええじゃないか」の気分です。

クンちゃん?誰?

アントニオ猪木は雨が嫌いで子供の頃は雨だと学校を休んでたそうです。

新日の暴動とは、たけしプロレス軍団が乱入した時のことです。

ティファニー?そんなところ行ったのか??覚えてない。

占いに行ったりして。

広瀬隆は「東京に原発を!」や「危険な話」の著者。

このランキング、覚えてる人6人、思い出せない人5人。今も付き合いある人1人です。病食もぎりベイビーって誰だ?

斉藤は親友だったけど今は音沙汰なし。消息不明。もう死んでるかも。

東横は、溝の口の東横病院。

なんでしょう、これは。ラブレターかしら?ポエムかしら?それとも作詞?

まぁ、よく医者になれたものです。

BGM. 植木等「そうだそうですその通り」


心の護美箱(75)~川原を支えた女たち

26/Ⅺ.(日)2023 くもり、寒い 日本レコード大賞、大賞候補からYOASOBI「アイドル」除外で物議

 

池田氏というカリスマを失った今、その「団結」には綻びの気配が漂っている、東大閥エリートVS創価大叩き上げ、の骨肉の内部抗争が始まった!…と今週号の週刊文春に載っていた。池上彰と佐藤優の対談もあり、池上彰の祖母が学会員で新聞少年だった池上彰は朝日新聞と聖教新聞を毎日読んでいたが聖教新聞は「立正佼成会の悪口ばかり書いていて、立正佼成会信者が仏壇を運んでて交通事故にあった、とか。仏教団体が他の団体の悪口を書くってどういうことなんだ」と子供心に思ったと語り、僕は「こんな記事載せて良いのか?」とびっくりしたが、対談相手の佐藤優もそれに便乗して話を膨らませてるから良いのか。結局、全部、自主規制で言論の自由はあるんだなと知りました。他にも宝塚花・雪・星組トップが「イジメなしウソ会見に激怒」宝塚幹部に改善要求、や、ジャニーズ問題「ジュリーさん、本当に補償する気ある?」、羽生結弦105日離婚「羽生推し精神科医のコメント」、アンビリーバボー「ギャラ12億よこせ」「昔の写真使うな」北野武が暴走中、原色美女図鑑には市川團十郎と小林麻央の娘・12歳が初登場などとにかく「買い」の号です。

 

さすがに大学6年にもなると、皆、目の色をかえてラスト・スパートをかける。
ただ、なんとなく、ひとこと、「さぁ、俺達も頑張ろうぜ!せーの」みたいなワンシーンが欲しかっただけなのだ。こないだまで一緒にバカをしてた友達がいきなり国試モードになったので戸惑った。本当に、戸惑った、という言葉がピッタリだ。僕は最終電車に乗り遅れたヨッパライのようで、おきざりにされた気分に浸った。こういう時には、人の心に隙間ができる。そこに悪魔がやってくるのだ。あまり親しくはなかった1年後輩の遊び人が「川原さん、一緒に遊びましょうよ」と誘ってきた。学校のそばの繁華街のフィリピン・パブへ行こうという。
「Black&White」とか「おしゃれ泥棒」とかいう名前だったと思う。
そのお店は、ステージが1つあり、あとは広いフロアにテーブルが幾つかあって、各々のテーブルに艶やかな色のチャイナドレスをまとったフィリピン人の女の子がつき、水割りを作ってくれたり、カラオケをしたり、会話を楽しむ、そういう雰囲気。馴染客には目当ての子がいる。
後輩は「川原さんは、マイラがいいでしょう」とマイラをあてがわれた。マイラは、華奢で背格好もそんなに大きくなく、端正な顔立ちをしているフィリピン美人だ。彫が深いというのか、鼻筋がピンと伸び、肉厚のある唇をいつもツンととがらせているから、ちょうど顔面の中央部分が穏やかに隆起しているような造りだった。黄色いドレスを着ていたせいもあり、第一印象は、ひよ子みたいな顔をしてるなぁ、と思った。
マイラは他の子と少し違った。マイラ以外の子は率先して場を盛り上げたり、客とデュエットしたり、それを囃したてるため変な拍子の掛け声をかけたりしてふざけているが、マイラはそれを見て笑ったり手拍子を合わせているだけだった。
僕はそういうところで盛り上がる社交性に欠けていたから、「担当・マイラ」は疲れなくて助かった。後輩のチョイスが正しかった、ということなのだろう。
それから僕はフィリピン・バーに通った。学校帰りに一人で寄って、ビールを一本だけ飲んで帰る日もあった。僕の生活はすさんでいた。クラスはピリピリした雰囲気だし、水は低きに流れる、というのか、どうしても楽な方へ逃げたくなるのが人情だ。僕の足は、フィリピン・バーに流れた。ある日マイラが、明日の日曜日、自分の家に遊びに来い、とこっそり僕に言った。マイラは、真剣な目をしていて、後輩には内緒で一人で来い、と言った。了解した。
翌日、指定されたところで待ち合わせ。彼女らは、7~8人でタコ部屋みたいなところに雑居していた。「お~、タツジ!」皆、顔見知りだから、口々に歓迎してくれた。いつもの仲間、いつもの笑顔、という感じだが、いつもと違うのはノーメイク&私服だということだ。普段の華やかさはまるでなく、なぜフィリピン人はくすんだ色の服を好むのだろうか。仕事で原色ばかり着させられるから、反動形成なのかもしれないな。センス的には野暮ったいが、この方が街に同化して目立たずに生活出来るメリットもあろう。僕らは近所のホカ弁でからあげ弁当を買って食べた。そのあと、川の方に出て、子供たちがするような遊びをして時間を浪費した。川沿いのコンクリートの部分に、僕とマイラは並んで座った。
マイラは正面の川を見ながら、僕の方を一切見ず、「タツジ、もう明日からお店、来ない方がいいよ。勉強しなさい」と言った。僕は「わかった」とか「そうする」とか阿呆みたいな返事をした。どうしてこういう時、もっと気の効いたセリフが出ないのだろう?。いつもいつもそう思う。それから僕は勉強した。
狂ったように勉強した。テレビも東スポも一秒も見なかった。本当に狂っていたのかもしれない。とにかく寝てる時間以外は勉強しかしなかった。そして、そのペースは国試の当日まで持続した。結果、僕は試験に合格して医者になった。
後日談。僕は一度だけ、マイラに会ったことがある。
医局の先輩が、うまい焼肉屋を見つけたからと連れて行ってくれたのだ。店主と奥さんの2人で切り盛りしてる小さな店だ。常連なのか、巨人軍の選手のサイン色紙が壁に飾ってある。その隣りに先輩のサイン色紙がちゃっかり並べて貼ってあり、笑った。お会計の時、奥さんらしき人は、サービスでガムとヤクルトをくれた。顔を見て、僕はビックリした。マイラだった。
「あっ…」と僕が絶句するのを、先輩は不思議そうに見ている。僕が「マイ…」と言いかけて「ラ」の音を発音する瞬間に、マイラは「元気?」と言葉をかぶせて、「ラ」の音を消した。マイラは軽く微笑んでいて、相変わらず、ひよ子みたいな顔だった。

 

心の護美箱(74がいっぱいになったので、(75)を作りました。心の護美箱がなんだかわからない人はバックナンバーを見て下さい。ま、簡単にいうと愚痴を書き込めるページです。「非公開」希望の人はそう書いてくれれば内容はアップしません。みんながどんな相談をしてるのか、これから受診される方には必見です。ただ、その性質上、「コメントは非公開」が多いから、僕の回答しかのってない例が多いです。そんな時は、答えから「コメント」を想像してみるのも一興ですね。

 

フィリピンパブには、何故か日本人の子も勤めていた。当時は不思議に思わなかったが何故なんだろう?ある日、その子に店がはねてから、「自分の家で呑み直そう!」と誘われた。断る理由もないから付いて行った。すると、家に着くなり、彼女は「ちょっと待っててね」と言って、仏壇を開けて、お経をあげ出した。それはルチーンでこなしてる感じの簡素なものだった。
それから彼女は、店からくすねて来たというウイスキーのボトルをバッグから出して、「呑もう!」と言った。僕は、「あなたの信じてる神様は、こういうことして怒らないの?」って聞いたら、黙り込んじゃった。
次の日曜日、彼女は僕のアパートに来て、部屋を掃除してくれた。お礼に近くで、ビールでもおごるよ、と蕎麦屋まで歩く道すがら、彼女は「日曜の昼間に歩けるなんて嬉しい」と言った。僕はなんとなく「僕は、この人と結婚するのだろうか」と思った。
しかし、マイラの禁止令が出て、僕は店に行かなくなったし、彼女からも何のアクションもなかったから関係は途絶えた。何年か経って、気になって、その店のあたりに行ってみたが、それっぽい店はいまだにあったが、店名も変わっているし、もうさすがにその子はいまいと思って、店には入らずに帰って来た。ただそれだけのこと。

BGM. 新かぐや姫「湘南 夏」