メメントモリを笑え

29/Ⅷ.(日)2010 はれ
土曜はクリニックの飲み会。今回は、森国さんも参加し全員参加。
初参入のため店の場所がわからない森国さんを待つ間、徳田&岡田&吉田と楽器屋で時間をつぶす。
電子ピアノやグロッケンやおもちゃのドラムをいじったり、ギターやショー・ウインドウの管楽器を見て過ごす。
鍵盤がペラペラのキーボードをみつける。マフラーみたいに首に巻いても弾けそう。
昔、クレージーキャッツの映画で、石橋エータローとピアノの連弾をしていた桜井センリが、
石橋に邪魔されて突き飛ばされた腹いせにピアノの鍵盤を捲り上げて
、首からかけて踊るというナンセンス・ギャグがあったが、それが現実化したのだと思いびっくりした。
ショーウインドウには小さいホルンがあったり、クラリネットのような形態で吹き口はリコーダーのように気軽に音楽を楽しめる楽器もあった。
そういえば、僕は中1の音楽の時間に笛の授業があり皆と同じのを使うのが嫌で貯金をはたいてドイツ製のリコーダーを買い、
さっそうと授業に参加したまではよかったが、ドイツ製は「ファ」の音の指使いが違い、とても苦労した。
いとう君は僕と同じ了見で、アルト笛を持ってきた。大きくて目立ったのは良かったが、合奏すると一人だけ音色が違った。
のなか君という子は、横笛を持って来た。もはや、楽器が別。世の中、色んな人がいて面白い。
書籍のコーナーの方に行くと、フィル・スペクターの本をみつけた。2010年7月に出たばかりの本だ。
少し立ち読み。
もう森国さんが来てるかもしれないから~と徳田さんに言われ、いったん店を出るが、気になったのでUターンして戻って買う。
それが、コレ↓。

森国さんと合流後、お店へ。店の前で塚田さんが待っていて、全員揃ってお店へ。
僕はいつもワインを呑み過ぎるので、今回は日本酒にしてみる。
カマンベールおやき、を徳田さんが皆のお皿に取り分けてくれたが、柔らかい食材なので丸いお皿に乗っけると、
先っぽの方がしなやかなカーブを描いて、外へグニュっとはみ出した。サルバドール・ダリの時計みたいだった。
日本酒で、記憶が溶けていくのを暗示しているようだった。
飲み会を月例化し、この店も4度目。
すっかり慣れたものだと思っていたら、トイレから出てきたとき、「ここ女性用ですよ」と注意された。
入り口の上に「姫君」という木札が貼ってあった。
僕は、普通に酔っ払って、家に帰って、ブドウを食べて寝た。
朝、起きてUFCでB.J.ペンが負けたのを聞き、ショック。
その流れのまま、下北沢に「メメントモリを笑え」というライブを観に行く。
これは単に、立川志の輔が出演するという理由だけでチケットをとった。下北沢で降りるとビラをもらった。
「SHIMOKITA IS DEAD?」。

会場に行って、イベントの趣旨を知った。
下北沢駅には再開発案があるらしく、駅にロータリーと26メートル幅の道路を作るという計画があるらしいのだ。
知らなかった。シモキタは、駅付近にほとんど車が入れず、小路が多いので、独特の文化を作って来た。
そこに大きな道路ができると、周辺のビルが高層化し街が様変わりしてしまう。
地価が上がり、昔ながらの店が撤退し、大型店やチェーン店が増え、コンビ二やサラ金ばかりになる。
今宵、シモキタに思い入れのあるアーチストが集い、道路計画見直しを訴えようというイベント・ライブだったのだ。
一組目は『Les cocottes』という2人の女性グループだ。
レトロな曲調に囁き系のボーカルで、1人は赤、1人は緑のゴシック風の衣装で客席から登場した。
表情を極力抑え、本人達は「バレー・ショウ」と言っていたがストリップのダンスでもあるようなデカダンな世界観を演出する。
ココッツとは、‘淫売婦’という意味もあるらしいが、さながらパリの高級娼婦と言った感じ。
「冗談画報」があれば出演しそう。なかなか面白い。シモキタっぽい。
二組目は、『TWO-STRUMMER』。The STRUMMERSの岩田美生と渡辺明人のユニット。
「傷だらけの天使」のテーマに乗って登場。テーマは「昭和の男」。クラッシュやARBやサンハウスの歌なんかを歌ってた。
そういえば、鮎川誠もシモキタに住んでたはずだ。
三組目は、『KIRIHITO』。ギターとスタンディング・ドラムの2人組。ノイズ、という感じ。これも、シモキタか。もの凄い爆音。
僕は、急に冷房が効き始めてきた。急激な音刺激で自律神経がやられたのかもしれない。
シモキタが下北半島に思えてきた。つらいよぉ、寒いよぉ、と心で唱えてたら、急に笑い出してしまった。
どうしよう。おかしくもないのに、笑いが止まらない。
人間、極限のストレスにさらされると気分が倒錯するものだと身をもって知る。
しかし、彼らのシモキタ愛は感じ取った。人柄も良さそうな人たちだった。
その後、立川志の輔の落語を聞き、ホッっとして、抜けて帰る。
実行委員の平松昭子さんは、可愛いイラストレーターなのだが、
「きょうの参加者が別の人に伝えていかなければ」と提言した。
僕は、会場で売ってた一部100円の吉本バナナのエッセイを幾冊か買い、
まずはクリニックのスタッフに配る、草の根運動から始めてみようと思う。

ところで、中世ヨーロッパでは、「メメント・モリ」というラテン語の言葉が流行したという。
この言葉は「汝の死をおぼえよ」「死を忘れるな」という意味で、中世の修道士たちは、この言葉を常に心に刻み、
自らの生きる姿勢を正したといわれている。
当時はコレラやペストが流行し、人々は常に死と隣り合わせの中で暮らしていた。
寺院や修道院へ巡礼して癒しを願う行為が各地で見られた。                                                         中世の修道院では、この「メメント・モリ」というあいさつが交わされたという。宗教の時間で習った。
Y.P.さんによると、メメント・モリには今を楽しめ(我々は必ず死ぬから)の意味があるそうだ。
話は戻るが、シモキタには色んな思い出がある。
DORAMAという古本屋&レンタル・ビデオ屋にはよく行った。
掘り出し物の漫画やマニアックな映画やUWFのビデオが揃っていた。
大学の野球部の先輩のセンダさんとコウノさんもこの町に住んでて、
僕は大抵、飲み会では酔い潰れるのでどちらかの家に泊まらせていただいた。
1人で、外で酒を呑んだのもシモキタがはじめて。
マックの坂を降り切った処に、おでん屋がありそこで1人で呑んで、
そのあと先輩のボトルがキープしてある店に入って「I.W.ハーパー」を勝手に呑んだ。
大学4年の時、「居酒屋で呑むより、王将で呑んだ方が、うまくて安いのでは?」とトモエ君が発案して、
シモキタの「餃子の王将」でテストの打ち上げをした。ホイコーローが5皿、マーボードーフが5皿、
レバニラ炒めが5皿、鳥の唐揚げが5皿、餃子5人前というラインナップだった。
大学2年の時、クラスのアイドルのAZが軽音部のバンドでリード・ヴォーカルをやるというので観に行ったのも、
シモキタの「LOFT」。
AZのタキシード姿は凛々しくて、チープトリックやシーナ&ロケッツの歌を歌ってた。
大いに酔って、騒いで叫んでつぶれた。
それは、丁度、父が死んで35日目だった。
BGM. シーナ&ロケッツ「ピンナップ・ベイビー・ブルース」


サタデー・ナイト・ラバさん

28/Ⅷ.(土)2010  はれ
先日のブログ記事「逢ったとたんに~」を書いてから、思い出したことを書きます。
ちなみに表題のサタデー・ナイト・ラバさんの、ラバさんとは、小学校の時、ドリフの歌で♪わたしの~ラバさん~酋長の娘~♪ 
という変な歌があり、何かと思ったら、ラバとはLOVERで恋人のことらしい、と知ってから気に入って使ってる単語。 
つまり、土曜の夜にピアノのレッスンを受けてたから、ふざけてそう言ってた。
その日のマリコ先生は何かスターのような白いワンピースに赤いベルトの様なものをしめ、
いつもながら独特のふんわりとした、しとやかな意志の流れみたいな電磁波を発している、サタデー・ナイトだった。
次にやりたい曲を聞かれたので、「Just One Look」ってな調子で、「来週、テープを持ってくる」ということにし、
試しに僕はそのメロディーを右手だけで弾いて、「こういう曲なんですよ」的な次回予告風の紹介をすると、
彼女は「ああ」と光り輝く笑みを浮かべ、いきなり「こういうのですね」と両手でスラスラと弾き出したのだ。 
僕が、メロディーだけなら口ずさめる程度のものを、マリコ先生はピアノでやれてしまうのだ。
そして、その時、「これ、リンダ・ロンシュタットも歌っていますね」と言ったのであった。
別の機会にマリコ先生が「川原さんに合うと思って」とチョイスしてくれたレッスン曲が「メロディー・フェア」だった。 
偶然だが、これは僕の大好きな映画「小さな恋のメロディ」の、僕の大好きな主題曲で、たいそう感激した。 
僕の葬式に、是非、生演奏して欲しいと思ったほどだ。
ここで、「葬式にかけて欲しい曲ベスト3」を選出してみよう。
第3位、西城秀樹「君よ抱かれて熱くなれ」。第2位、郷ひろみ「花とみつばち」。第1位、野口五郎「きらめき」。
新御三家で、決めてみた。
BGM. エルトン・ジョン「土曜の夜は僕の生きがい」


今週のハエライト。

27/Ⅷ.(金)2010 はれ
今日の自慢。空中に飛ぶハエを、うちわ一発で叩き落す。
南波先生に、毎週金曜お昼に体をみてもらってるから、キレがいいのだ。下の写真↓が、手柄のうちわfromタワレコ。


ちなみに、待合室に置いてあるのはキレイなのでご安心を。
うちわついでに他に持ってるうちわも紹介。
①茅ヶ崎サザン・ビーチ。↓。何年か前の花火大会のやつ。

②サマー・ウォーズ。↓。A子とサンドラッグのゴトウさんにあげた。


③EVANGELION。↓。Hさんにいただく。ありがとう。


④自演乙。↓。K1の会場で、Tシャツを買ったらくれた。


⑤スクリーミング・レビュー。↓。清志郎が死んだ気は、まだしないなぁ。


夏ももう終りだ。♪あおげば~とおとし~、いざ~さら~ば~♪。ハエだって人間だって、死んだら同じさ。
BGM. 自切俳人とヒューマン・ズー「ハエ ハエ ハエ」
(註)自切俳人の正体は、北山修です。


鳥には好評

26/Ⅷ.(木)2010 はれ
今日も暑い。天気予報によると、しばらく暑い日が続くようだ。
お昼は、森国さんと東工大のそばのそば屋「しなの」へ行く。
天然スッポン2万円、との札に気を奪われ、僕は注文がなかなか決まらない。
他にも、ままかり、酒盗、ホヤ塩辛などのメニューがあり飲み屋みたい。結局、僕は天丼セットにする。
ミニ天丼には小さいエビ天が4本ついてた。あとは、もりそばと冷奴とお新香がついて千円。
森国さんが何を頼んだかは秘密。個人情報だから。
ただし、鮭のチビおにぎりがついてたことだけは明かしておこう。
東工大周辺には、他にも色んな食べ物屋さんがあり楽しい。
つげ義春の漫画に「李さん一家」というのがあって、そこに登場する李さんは世にも稀な鳥語を話せる人間である。
李さんが言うには、
「でも鳥は話題に乏しく、たいてい天気の話かエサの話くらいのもので、あまりリコウではないのです」。
鳥と同レベル、「十中八九N・G」、更新中!。
BGM. レーナード・スキナード「フリー・バード」


逢ったとたんに一目惚れ

24/Ⅷ.(火)2010 はれ
最近のジャパニーズ・ピープルは英語が達者になったせいか、映画を邦題に訳すことは少ない気がする。
昔は邦題ばっかだった気がする。
僕の知ってる一番の意訳はビートルズの「A Hard Day’s Night」を「ビートルズがやって来るヤア!ヤア!ヤア!」に。
水野晴郎のたくみ。
洋楽も同様。
僕の一番のお気に入りはフィル・スペクターの代表作、テディ・ベアーズの「To Know Him Is To Love Him」。
直訳すると、『彼を知ったときが、彼を愛したとき』。
それを「逢ったとたんに一目惚れ」に。
写真↓左がスペクター。

この歌は、1987年にエミルー・ハリス、リンダ・ロンシュタット、ドリー・バートンがトリオでカバーしている。
実力派3人のユニットは丁寧な歌唱力と優しいハーモニーが温もりを感じさせ、人肌恋しくなる。
寒い冬には、暖炉の火を見ながら、ビールを飲みたい気にさせる。
一目惚れ、で連想。
ドリス・トロイの「ジャスト・ワン・ルック」。心弾ませる軽快なイントロのピアノ・ソロが、一目惚れの鮮烈さを見事に表現している。
ドリス・トロイという人は、いわゆる一発屋だったそうだ。
だからこそ、この曲の主題である、「一目惚れ」の純度を高めてるような気がする。
大学の頃、中森明菜で大儲けしたワーナー・パイオニアが、その収益を社会に還元すべく、
あまり売れるとも思えない全8集からなる「ATRANTIC RHYTHM AND BLUES 1947-1974」を発売してくれた、
と友人が感激していた。
その第5集に収められている。↓。

僕はこの曲を、以前このブログで紹介した「ローランド、大人のためのピアノ・スクール」で練習したことがある。
マリコ先生にテープを渡し、譜面に起こしてもらった。マリコ先生はこの曲を知っていて~、
「これ、リンダ・ロンシュタットも歌っていますね」と言っていた。
すごいぞ、リンダ・ロンシュタット、一目惚れ2冠王だ!!。
BGM. ホリーズ「ジャスト・ワン・ルック」


休みの日

23/Ⅷ.(月)2010 はれ
二子玉川でズボンを取って、渋谷のアニメイトで「けいおん」のBL2巻を引き取る。
ホームページの「病気の説明、用語の説明」を増やそうと原稿執筆中。啓蒙活動も、医者として大切な仕事だから。
心理、カウンセリングのページも作るつもり。徳田さん、森国さんにも協力をあおぎ中。
BGM. 加藤和彦「アーサー博士の人力ヒコーキ」 


SRC14

22/Ⅷ.(日)2010 はれ
SRC14を、ペーパービューで観戦。五味も会場に来ていた。ラウンド・ガールはSRCの方がDREAMより品がいい。
フェザー級の日沖発の試合は面白い。レオ・サントスのセコンドに来ていた、マルロン・サンドロとの頂上決戦に期待。
ライト級に落とした郷野は「チーム朝青龍」のナラントンガラグと対戦。ナラントンガラグはナチュラルなパワーで圧倒。
SRCのライト級は、昨年末に青木に屈辱的に負けてるから頑張らないと。
広田、北岡、横田、光岡と層が厚く、それに真騎士がいい。
メインはSRCミドル級チャンピオンシップ、王者ジョルジ・サンチアゴvs挑戦者三崎和雄は入場の時から、
会場の雰囲気が異様だ。テレビからこれだけ伝わってくるのは異例で、きっと会場で観てたらすごかったのだろう。
解説は、最近人気の「セコンド系解説」の秋山成勲。解説なのに冷静さを失い、「行け~!!」とか口走ってしまう熱さがウリ。
格闘技は「心・技・体」というが、一番素人のわかりにくい「技術」の解説をするのが本来の仕事なのだが、
あえて「心」をアピールする訳である。
これは流行りみたいで、理論派の高坂剛の解説さえも最近は「精神力重視」である。
僕は個人的には、この風潮は危険だと思う。格闘技の人気は下火だ。たまたま観る人もいる。
2回は観てくれない、ワン・チャンスだ。
その人に総合格闘技の魅力を伝えるのも解説の役目だと思う。そういう時に求められる解説は「精神論」ではなく、
サイドストーリーの説明や技術的な解説などの啓蒙的なものだと思うからだ。
ジョルジ・サンチアゴと三崎和雄の試合は、前回は5Rフルラウンドを戦った名勝負だったため、
前回の試合内容とも比較される二重の意味で厳しい戦いだ。
1Rは互角、2Rは三崎のフロント・チョーク、3Rはサンチアゴの打撃、4Rは三崎の猛攻にたまらずサンチアゴはリング外に逃げる。
ジョルジに、レッド・カード。リングサイドのマルロン・サンドロの狂気する姿をカメラがとらえる。
5Rは、ジョルジ優勢。肩固めで攻める。
解説の秋山は、実況アナウンサーに「時間は、あと何分ですか?」と聞く。もはや解説ではない。
会場は三崎コール。ジョルジがマウントで攻める。残り1分、秋山が小声で声援を送る。
ジョルジの猛攻、ラスト30秒、セコンドがタオル投入。選手の体を守るのがセコンドの役目。
三崎は、昨年末のDREAMとの対抗戦でメルヴィン・マヌーフと戦い、審判のストップが早いと抗議した。
それもあったのに、残り30秒でタオルを投入したセコンドの判断は素晴らしい。
試合は、王者ジョルジ・サンチアゴの逆転勝利。前回を越える名勝負!!!。
もう一人の解説者・武田幸三が、
「絶対に言うなと言われてたんですけど、三崎選手は膝の靱帯をやられて、ろくに練習できてないんです」と思わず口走る。
三崎は、担架は使わず放送席の武田幸三のところにきて「負けてすみません」とつぶやき抱き合い、
自力で歩いて控え室に戻る。
リング上では認定書とベルトの返還。観客席で手拍子を打って浮かれ踊る男女5人のブラジル人の姿が映る。
昨今の格闘技は、イベントとして集客力のあるマッチメークが問われる。
SRCはDREAMに比べ資金力がなく、カード発表の時点では正直見劣りする。
しかし、今大会のメインイベントは素晴らしく、この1試合だけで客を十分満足させられた。
初期の新日本プロレス、猪木もそうだったと思い出した。
SRCが、両国国技館を中心に使用するのもいいことだと思う。
あまたの名勝負を生み出してきた、聖地のようなところだ。名勝負が生まれやすいかも。
BGM. 由紀さおり「両国橋」


終戦記念日、特集~愛と美の女神アフロディーテ

21/Ⅷ.(土)2010 はれ
ベル・エポックのように社会の構造や価値観、さらには知識の質そのものが大きく変わっていく時代にあって、
新たなメディアとして写真は、写真にしかできない新たなものを創り出さなければならなかった。
その時代のポスト・カードを集めた写真集を額装した。
下の女性は、絵画的約束に従うならば、愛と美の女神・アフロディーテである。


なぜなら彼女はその象徴である‘鳩’と戯れており、
ギリシャ風の衣装に加え髪にはこれもその象徴である‘金梅花’らしきものを飾っているからである。
ところで、この写真はポスト・カードであるが、1914年10月15日の日付が書き込まれている。
誰がどんな想いで誰に出したものだろう。1914年と言えば、同年7月に第一次世界大戦が始まった年である。
(本文より抜粋)

左右に短冊状に無関係の名言を持ってきて、あたかもつながりがあるかのように見せるのが、今のマイ・ブーム。
(右) 『「なぜお前さんの歌はそんなに短いの?」と、あるとき小鳥にたずねてみた。「もしや息が続かないのじゃないの?」
「私には歌が沢山あるのです。それをみんな歌ってしまいたいのです」』。アルフォンス・ドーデ「アルルの女」。
(左) 『一人を殺せば犯罪者だが、百万人を殺せば英雄だ』。「チャップリンの殺人狂時代」。
BGM. 田原俊彦「ベルエポックによろしく-WHAT’55-」


終戦記念日、特集~フラワー・ムーブメント

20/Ⅷ.(金)2010 くもり、暑さおさまる
ザ・ローリング・ストーンズ『フラワーズ』を聴く。


’67年頃の音楽シーンは、ビートルズの「ALL You Need is Love」とかピンク・フロイドとか、                                     ‘‘ヒッピー’‘フラワー’‘サイケデリック’‘ラブ’な思想がはびこっていた。


フラワー・ムーブメントには‘花の哲学’というべきものがあり、花は自然界の万物の中でもっとも自然なものであり、
つまり自由で、生きるのに水・土・空気・日光以上のものを何も必要としない。
花は平和的で美しく、その美を惜しみなく与える。それは平和・友情・愛・共有・無競争の象徴である。
この考え方から人々は自分の哲学を学びとり、生き方をそれに合わせた。
下は↓、ピストルの先に花をつめた‘冗談グッズ’。


「ぽかんと花を眺めながら、人間も、本当によいところがある、と思った。花の美しさを見つけたのは人間だし、
花を愛するのは人間だもの」。太宰治『女生徒』

↑~from.Y&Y
BGM. スコット・マッケンジー「花のサンフランシスコ」