メリー・クリスマス~素敵なプレゼント

25/ⅩⅡ.(水)2013 寒い
前回の記事の続き、せっかくだから、しょこたんときゃりーちゃんのクリスマス・カードを紹介しましょう。
しょこたんのカードは、カエルのクリップで留めて、受付カウンターに飾ってあります。
こないだまでは、そこには、きゃりーちゃんの「ブドウ狩りツアー」の報告葉書があったところです。↓。

そして、今回のきゃりーちゃんのファンクラブ会員特典クリスマスプレゼントは豪華です。
きゃりーちゃんのメッセージが入ったポストカードが12枚セットになっているブックレットです。
カードの裏にメッセージが書いてあります。ここでは表の絵柄を紹介します。
まずは、表紙とはじめの2枚。↓。

次の4枚。↓。

さらに、次の3枚。↓。

そして、最後の3枚と裏表紙。↓。

今日でクリスマスも終わりなので、クリニックの飾り物やBGMから、クリスマス関連のものの撤去作業に入ります。↓。

今年も残りわずかですね。
振り返ると、3月と4月にきゃりーちゃんのライブに行きました。しょこたんは、バスツアーとバースデイ・ライブに行きました。
年が開けると、1月にきゃりーちゃんの横アリがあります。
しょこたんの「TOKYO SHOKO☆LAND2014」は、今日がファンクラブ先行予約受付です。さっき、応募を済ませました。
来年は、それに加え、BABYMETALの武道館やベルハーのセカンド・ワンマンライブと目白押し。
僕はまるで目移りばかりの浮気性、カサノバ・コンプレックス。本当はそんな性格じゃないのになぁ。
BGM. 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団「オンリーユー」


きよしこの夜~い・け・な・い買い物

25/ⅩⅡ.(水)2013 寒い
ポールの日本公演の海賊版を買った。
ビートルズ関係は、「ピカデリー・サーカス」という所から出てるのが、「確か」らしい。
海賊版に詳しいKさんに、FUZという店を教えて貰った。
FUZは、「FUZ」と検索をかけても出てこない店です。
Kさん、教えてくれてありがとう。
僕は、僕をポールのコンサートに誘ってくれた、友人のF.にも「FUZ」を教えてあげた。
西新宿の小滝橋通り沿いの店です。
この連休中、F.は、家族と新宿に買い物に行き、そのついでにFUZに寄ったらしい。
F.は、「結局買ったのはオリビア・ニュートンジョンとビリー・ジョエルだった」、と海賊版購入の報告メールを送ってきた。
そんなF.のメールを受信した時、僕はコンビニで「週刊実話」を立ち読みしている最中だった。
記事は、「最新ダッチワイフ事情」、だ。
そこに紹介されるダッチワイフは、「止まらぬ進化で人間と見間違うリアルさ」、だった。
しかも、小倉優子に激似!
僕は、F.に、「こちらは、小倉優子そっくりのダッチワイフを買うかどうかで迷ってるところ」、と返信した。
F.からの即レスは、「あはは」、のたった3文字だった。
ダッチワイフと言うとネガティブなイメージがあるが、現在のクオリティーはカルチャーショックだ。
とりあえず、ショールームがあるらしい。行ってみるか。下が、問題のダッチワイフ。↓。

ダッチワイフで思い出すのが、大屋政子が「クイズダービー」のゲストで出演した時のこと。
大屋政子は、何かの問題の回答欄に「ダッチワイフ」と書いたのだ。
巨泉をはじめ、スタジオ一同、視聴者も凍りついた。
当時の日本人の多くは、ダッチワイフと言えば、女性の形をした性具をイメージしたから。南極1号とか。
(近頃では、キヨシローがライブでダッチワイフの人形を振り回して歌っていたのが記憶に新しい)
でも、欧米ではダッチワイフと言えば、「抱き枕」のことで性的な意味合いはないらしい。
大屋政子は、セレブだったから、逆に、日本的な意味合いを知らずに書いた放送事故のようなものだった。
今日は、クリスマスだと言うのに、俺はなんて記事を書いているのだ。
聖なる夜を、性なる夜に、変えてしまった。(←全然、上手くないぞ)
しょこたんときゃりーぱみゅぱみゅからクリスマス・カードが届いた。僕は、やっと、我に返った。
BGM. 小倉優子「恋のシュビドゥバ」


今日は有楽町~志らくの芝浜

23/ⅩⅡ.(月)2013 寒い
この連休はライブ三昧だったので、予告記事は後回しにして、3連発でライブの報告をします。
今日は、その第3弾、よみうりホール「リビング落語会、今年最後の立川志らくの独演会」です。
立川志らくの落語会は、予告ブログでは⑦に入っているので被らないようにします。↓。

この年末のサンリビの落語会は、そもそも談志が「芝浜」をやる会だった。
それが、談志が平成23年11月21日に死んで、その年の代役を志らくがやった。
約束は3年間、今年が最後。
演目は、「芝浜」の他に、「粗忽(そこつ)長屋」と「やかん」だ。
以前、談志の落語をデーブ・スペクターが英訳字幕にして、世界に発信した「DANSHI!」というビデオがあった。
そこに収録されてたのが、「粗忽長屋」と「紙入れ」だった。↓。

昔、深夜テレビで談志が「落語のピン」という番組をやっていたが、そこで志らくの「粗忽長屋」を聴いたことがある。
スピード感にあふれ、斬新なギャグが散りばめられて、まったく新しかった。志らくの「粗忽」ものは面白い。
「やかん」は談志が晩年に唱えてたイリュージョン落語の代表作。
「やかん」とは、矢が刺さって、カーンと音がする、というオチなのだが、一時期、談志は「やかん」ばっかりやってた。
当時、談志の独演会の会場で「ひとり会」のCDを買ったら、サインをしてくれて、そこにも「カーン」と書いていた。↓。

落語で年末と言えば「芝浜」で、クラッシックで言うところの「第九」みたいなものです。
アル中の勝手な亭主と内助の功、という人情噺。
談志は実は、「芝浜」を好きではなかったが、年末には需要があるから、サービス精神でやっていた。
会場の客はほとんど泣いていた。
志ん朝のファンでも、「談志の『芝浜』なら」と聴いていたという。
好きでなくても、上手いのだ。
談志の弟子の立川談笑は、「芝浜」の主人公を覚醒剤中毒にして、「シャブ浜」に改作した。
それは面白かったのだが、談笑は一時、談志から「『シャブ浜』は禁演とする」と言い渡されていたときく。
さて、志らくの落語会、この日、会場で発表されたのだが、来年も行われるらしい。
フルハウスだもの、当然かな。
来年は、リクエストを募集して上位3席をやる予定だそうだ。
志らくは、「結果が、『芝浜』『やかん』『粗忽長屋』だったりして」と笑った。
ファンの多くは、談志が志らくの身体をつかって降りてくるのを期待するからね。
やっぱり、「芝浜」は入るだろうな。
僕?僕は「死神」に1票。
BGM. シーナ&ザ・ロケッツ「ユー・メイ・ドリーム」


今日は鹿鳴館~ベルハー「からふりゅ」

22/ⅩⅡ.(日)2013 寒い
この連休はライブ三昧だったので、予告記事は後回しにして、3連発でライブの報告をします。
今日は、その第2弾、鹿鳴館(目黒)でのベルハーの月イチ定期主催「からふりゅVol.6」です。
ベルハーは、「BELLRING少女ハート」の略で、予告ブログでは④に入っているので被らないよう書きます。
先日、<寝坊をして、ベルハーのライブに行けなかった>と徳田さんにメールをしました。
すると、徳田さんは「岡田さんに言ったら、また言われちゃいますね」(笑)と返信が届きました。
それは、
僕がショコタンのファンクラブ会員バスツアーを寝坊して参加できずに意気消沈してる時の岡田さんの発言を指して。
岡田さんに満面の笑顔と優しい声で、
「センセーは、もうショコタンを好きではないんですよ」と断定された事件と掛けていて。
あぁ、でも、今はもう岡田さんを知らない人も多いかもしれませんね。
岡田さんは、
長い事、カワクリの受付をしてくれていた可愛くて優しくて少し毒舌なのんびりした雰囲気の人です。
そうそう、今もクリニックの留守電の声は岡田さんのままです。
徳田さんは、
ベルハーを知らなかったのでWikiしたそうで、そうしたら一目置かれたアイドルらしい、と判ったそうで。
ただ、「一目置かれる」という人間像と「アイドル」という商品が徳田さんの中では、うまく結びつかなかったようで。
勉強熱心な彼女は、今度、ユーチューブで調べるので、オススメの曲とかあったら教えて欲しい、と聞かれました。
そこで僕は、「阿佐ヶ谷ファンタスティック映画祭」のオープニング・アクトを薦めました。
ニコニコ生放送からのアップだと思われるもので、リアルタイムで映画祭を観てた人の書き込みが面白いです。
ファンタスティック映画を観るつもりの人が、いきなりベルハーを目にする訳です。
かなり、アウェイな状況です。
その書き込みは、
罵詈雑言で、「歌ヘタ」とか「踊りバラバラ」とか「学芸会レベル」とか「カラス」とか「可愛くない」とか。
ベルハーは、一曲目が終ると、全員倒れて、寝たまま自己紹介して、それもグタグタで。
お互いの立ち位置が違うと注意しあったりしてる。
おまけにメインのエースのTIRAぴょんが、台湾に帰国したまま、出国ビザが降りないで不在という衝撃の発表。
でも、まぁ終ってやれやれ、みたいな所で、2曲目を歌いだし、「まだ、やるのか?!」と大ブーイング。
楽曲については、「変な歌」がおおよそで、「意外と良いかも」が少々。
しかし、3曲目を歌いだしたら、ブーイングを通り越して、「こいつら、ハート、つええ」なんてコメントも出て来る始末。
そういう時間経過に伴う書き込みの変化も楽しいかと思って紹介しました。
だけど、徳田さんはオススメの曲があるかと言ってたのだから、ちょっとずれた答えをしてしまいましたね。
ベルハーは、「Bed Head」というアルバムを出していて、これは全曲良いです。
あえて、1つと言われたら、難しいな。「サーカス」かな。
カワクリの待合室に流すBGMにも、全曲入れています。
不思議なメロディのアイドルの曲があったら、多分、ベルハーです。
メロトロンを使ったサイケデリックなアイドルの曲があったら、それがベルハーです。
けだるいラップを歌ってる女の子とバックで騒いでる女子の声が聞かれたら、それがベルハーです。
音程がはずれたり、声が裏返ったりしてる曲があったら、間違いなくベルハーです。
ナースの塚田さんは「苦しそう…」と感想を述べ、受付は「音痴ですね」と苦笑していた。
それが、ベルハーです。
重低音が効いた楽曲を、透明感のあるハイトーンな声で歌い上げるのが聞こえたら、残念、それはBABYMETALです。
一応、オチをつけてみました。
さて、今日はベルハー主催の「からふりゅ」というイベントで、目黒の鹿鳴館というライブハウスで行われました。
駅から少し歩きます。叙々苑の下にあります。
道々、若い女の子が数名、カートをおしながら、「叙々苑の下だよね」と話してるのが耳に入ってきました。
最近は、女の子もアイドルを好きな人が多いと聞くから、この子たちも見に行くんだ、と心の中でそう思いました。
結論から先に言うと、その子達は客ではなく、出演者でした。「からふりゅ」は他のアイドルも出ます。↓。

僕が、開演15分前くらいに着くと、その小さなライブハウスに客は4人しかいませんでした。
昨日との、落差に愕然。
さらに驚いたのは、最前列でスタンバイしてる客のTシャツの背中に、「BABYMETAL」の文字が。
え~??
ビックリした。
僕の常識では、ありえない。
ピンクレディーとキャンディーズのファンは対立していたものだし。
さらに、ミーとケイのファンも仲が悪かった。ランのファンがスーの悪口言ってたし。
だから、内心は浮気心があっても、表面的には、一途である、ということを表明するのが、アイドル道だと思っていた。
しかし、現実は違った。時代は動いていた。
後から入って来た客の何人かは、「BABYMETAL」のTシャツを着ていた。
それも、昨日のライブ会場限定Tシャツを着てる人もいた。
盗み聞きをしてる訳ではないが、聞こえてくるのである、話し声が。
なんと、昨日のライブの感想を言い合ってる訳である。
つまり、昨日幕張で「BABYMETAL」を観て、今日「からふりゅ」に来てる人は結構、多いみたいだ。
そして、それはそんなに悪いことではないみたいだ。胸を張ってて良いみたいだ。
開演時間になると、会場はいっぱいになった。
鹿鳴館は席はないので、僕は寄りかかれるバーの近くに陣取った。
オープンと同時にベルハーが出て来て何曲か歌った。ものすごく近い!!
近いから、ベルハーからも客が良く見えるのだろう。
メンバーの1人、「もえち」は曲の合間に、キツネのポーズをして、おどけていた。
キツネのポーズは、BABYMETALの極めポーズなのだ。
そうか、昨日(幕張)があって、今日(からふりゅ)があるというのは、暗黙の了解なのだ。
言わずもがな。
ベルハーが、オープニング・アクトを終えて、一回、引っ込んだ。
次に出たのは、福島から来たという「ラビット」というグループだ。
ベルハーのファンは、優しくて、ベルハーと同じ熱量の応援を送っていた。
ウサギのぬいぐるみを持って出て来て、客席にサービスで投げてたから、てっきりウサギの意味かと思っていた。
でも、実は、「Loveit!」だった。
次にサンタの格好で出てきた10人くらいのグループが「ナト☆カン」だった。
「ナト☆カン」には、40分の持ち時間があった。
さすがに聞いたことのない曲をそんな時間聞き続ける集中力はなかった。
それを見越してか、途中でベルハーのプロデューサーが首に大蛇を巻いて登場して、1人の首に巻きつけたりしていた。
その次に出てきたのは、「THIS IS PANIC」という2人組の男で、ラップみたいのをやっていた。
ふざけないオリエンタル・ラジオみたいなイメージかな。
しかし、僕が驚いたのは、「ナト☆カン」にも「THIS IS PANIC」にもコアなファンがいるのだ。
ベルハーじゃなくて、こっちを観に来てる人もいるのかと思わせるほどで。
それほど、日本のアイドル文化の裾野は広くて、日本ってやっぱりサブ・カルには良い土壌なんだなと思った。
これは、プロレスの会場で感じるものと似てる。
結局、「からふりゅ」は、4時にスタートして、全部が終ったのが9時だったから、5時間の長丁場だった。
僕は、途中で地べたにあぐらをかいて座ったりして、休憩した。
何人くらいいるのかなと観客数を目算で数えてみたりした。116人だった。
昨日とギャップがあるなぁ。頑張れ、ベルハー!と思う。
しかし、ベルハーの再登場まで、ずっと座ってばかりでもいられない。
肺塞栓になってもいけないと思い、後ろに少し空間があったから、曲に合わせてラジオ体操第2をした。
それを見た演者は、異様に僕が盛り上がってると勘違いして、目が合うと、こっちにガッツポーズを送ってくれた。
僕はジャンプしながら、両手両足を開いて応えた。
そして、いよいよ、ベルハーの再登場です。待ってましたとばかり、近くに寄ろうとしたら、人波にのまれた。
気がついたら、割と中央にいた。
ベルハーの応援は、特別な掛け声と、一体となった踊りがある。
昨日の、BABYMETALでも思ったのだが、皆、一体いつ、練習してるのだろう、と。
「ライスとチューニング」という歌では、間奏のところで、メンバーが肩をくんで、ラインダンスのように足をあげる。
それを観客達もやるのだが、間奏になった途端に僕の肩の左右に自然と隣の人の腕が伸びてきて。
僕は、何も練習してないのに、ラインダンスの列に入ってしまった。それも、結構、真ん中。
後は、リズムに合わせて左右の足を上げるのだ。そうしないと、バランスが崩れてしまうから。
そうか、皆、いつ練習してるのか、わかった。現場だ。
そして、途中でベルハーのプロデューサーが、登場して、来年の抱負(目標)を1人づつ喋らせた。
ちなみに、さっきの大蛇は今年が蛇年だからだそうだ。来年は馬を連れてくると言っていた。
ベルハーのプロデューサーは、田中さんという人で、名前は知っていたが、実物を見たのは初めてだ。
もっとあくどそうな外見をイメージしてたのだが、普通に感じの良い人だった。
田中さんは、この子達が間違って売れてしまったらどう見られるのだろう、と言い、返す刀で、中身がない、と言った。
(その時、もえちはキツネのポーズを極めていた)
田中さんは、だからこそメンバーには来年に実現可能な目標を持たせて達成させたい、と補足説明した。
「一生懸命、やります」みたいのはダメなんだって。ぬるい、んだって。
で、メンバーが1人づつ目標を発表して行った(言った)。
みずほは本格的な「和太鼓」。ゆうかは側宙。
じゅりはえびぞりが得意だが、(ももクロの)かなこと比べるとあきらかに劣ってるとし、それを目標に。
自身のブログで画像判定を比較して出しているので、興味ある人はみると、確かにすごい差があります。
それぞれが達成できたら、それを取り入れた新曲も作ってもらえるとか。
もえちは、自分はテニス部でバスケ部で体操もやっていて、運動は得意だから、文科系を伸ばすと言った。
ピアノをマスターして、「D・S・P」をライブで演奏したいと宣言した。
もえちは、「でも、私、ピアノがないんです~!」と言ったら、田中さんが「お前は、西田敏行か!」とツッコミ、面白かった。
でも、ベルハーのメンバーは誰もそれがギャグだと気付いていなかった。普通にスルーしていた。
さらに、もえちは、ベルハーに入ってから太ったと言い、メジャーでウエストを公開計量、その数値も公表された。
僕の、アイドルのプロフィールにあるウエストの数値のイメージは「58」なのだが、もえちの測定値は大幅に違った。
その数値は、そこにいた人だけの、ここだけの話、なので、内緒にしておきます。
新メンバーのカイは、逆立ちして歩きながら47都道府県を言う。
もう1人の新メンバーのあーやんは、5つくらい言っていたが、そのうちの1つが、「落語」だった。
芸能を甘くみるな、と思う反面、こういうアイドルが「落語」って言ってくれるのは、「落語」にとっては救いなのかな、とも考えた。
立川談志なきあと、落語界へ思いを馳せてみる。
明日は、志らくの落語を観に行くのも奇遇だ。
そんなベルハーのセカンド・ワンマンライブも発表されて、6月8日、渋谷クアトロ。調べたら、日曜日だった。
良かった。行ける。
キャパ800人だそうだ。
田中プロデューサーは、ちゃっちゃと極めて1000人・2000人の箱に行くぞ、と言っていた。
そしてライブの後は、物販がある。
物販については、後日、予告ブログの、④「BELLRING少女ハート」のライブのレビュー、で詳しく書きます。
多分。
とりあえず、今回、買った缶バッジ。みずほ、だけ品切れ。
ポイントカードは、30ポイントたまるとメンバーからのメッセージDVDがもらえます。↓。

明日は、有楽町・よみうりホール、立川志らくが談志から引継いだ「芝浜」の会だ。
BABYMETAL→ベルハーが多いのは納得したが、さすがに、BABYMETAL→ベルハー→志らく、って人は少ないだろう。
アルタの客で、1人とかじゃないかな。
BGM. BELLRING少女ハート「サーカス&恋愛相談」


今日は幕張~BABYMETAL

21/ⅩⅡ.(土)2013 寒い
本当なら、10月19日の「風の噂とブログの予告」で宣言した記事を書いてるはずでした。
それは、以下の順番で。
「生きること、死ぬこと」
「石野真子35th Anniversary Tour2013 幸せのレシピ」のレビュー
③「バリ島」旅行記
「BELLRING少女ハート」のライブのレビュー
⑤アニメ「日常」のDVD特典の肩身分け
「爬虫類を飼うこと」
⑦立川志らくの落語会
でも、①の「生きること、死ぬこと」を書き出してみたら、他に優先しなければならない事に気付いて、
筆が止まっています。
前回も、似たような言い訳をしたと思います。
そうしたら、誰かが、優しくも、「無理せず、来年でもいいのでは」とコメントをくれたので、気が楽になりました。
と言う事で、この連休はライブ三昧だったので、予告記事は後回しにして、3連発でライブの報告をします。
まずは、第1弾、幕張メッセ「BABYMETAL」です。
ここでは、「BABYMETAL」の詳しい紹介は省きます。
知ってることを前提で書くので、知らない人はwikiみて下さい。
カワクリ的には、「BABYMETAL」はかなり目につくから、知らない人も「ああ、あれか」と思うでしょう。
たとえば、診察室の入口の額装とか、診察室の後ろの扉のポスターとかブロマイドとか。
会計する時の、受付カウンターにもクリアファイルが貼ってあります。
その他、テレビの脇とか、ゴミ箱の横とか。
「和服」的なゴスロリ調な衣装にキツネの面を付け、キツネのポーズを決めてる少女達です。
診察室のソファのサイドテーブルに並べてあるCDも、「BABYMETAL」です。
「イジメ、ダメ、ゼッタイ」の少女達です。
「BABYMETAL」は「さくら学院」の重音部という部活動がスタートでした。
「アイドルとメタルの融合」がテーマ。
そのポスターを初めてカワクリに貼ったのは、相談室と処置室の正面の壁でした。
ナースの塚田さんが、
「これ、(ロリコンみたいで)まずいって患者さんが言っていますよ」と悪評判を教えてくれたものでした。
しかし、「BABYMETAL」はまたたくまにメジャーになりました。
悪評判を無視して貼り続けていて良かったと思える今日の晴れ舞台です。
会場は、1階の奥にステージを作り、アリーナは立ち見、2階席は、ステージを横から見るような配置でした。
ステージ正面に巨大な白いマリア像(大船観音に似てる)があり、
開演までは「アベマリア」が流れて空気を作ってました。
この日のステージは、「LEGEND‘1997’SU-METAL聖誕祭」というタイトルで行われました。
どうも、中心メンバーのSU-METALが、
自分の命と引き換えに、何かと戦うために、神になる、みたいな設定だったよう。
昔のWWEのプロレスみたいに、ストーリーがあらかじめあって、ショーが展開されてゆく形式。
場内に設置された画面の映像とアナウンスが筋書きを教えてくれる。
このショー形式は、持ち歌の少ない「BABYMETAL」には効果的な演出だった。
僕は、2階スタンドのMOSH’SH SEATという椅子のある席で観た。
ほぼ立ちっ放しだったけど。
1階は、ものすごく盛り上がっていた。
人垣が曲によって、何かの生命体のようにウエーブのように動くのだ。
たとえば、「イジメ、ダメ、ゼッタイ」のイントロが流れると、
フルハウスの会場に円形の人がいないスペースが出来る。
そこに1人、1人とひれ伏して行く。祈りを捧げてるみたいだ。
それから、別の曲では歌詞で♪グルグル~かくれんぼ♪というところで、
回遊魚のように皆が同じ方向に走っている。
彼らはライブを楽しんでいるし、それを2階から見てるのも楽しかった。
しかし不思議なのは、いつ練習するのだろう?事前に連絡を取り合ったりしてるのかな?
SU-METALは、生歌を披露したが、あの子は驚くほど、歌が上手い。
特に「紅月」をピアノ演奏バージョンで歌ったあたりは、彼女の歌唱力を魅せつけられた。
もあメタルとゆいメタルのダンスもステージを駆け回っていて、
それで寸分の狂いもないのだから、大したものだ。
花火とか炎とか吹き上がる中を疾走するスピード感とコケティッシュな振り付けのアンバランスさが良いバランスだ。
ステージは、最終的にはSU-METALが、十字架に貼り付けられ、首にヘドバン用のコルセットを巻かれて絶叫。
大爆音が会場に響き、白く巨大なマリア像がまるで刀で切りつけられたように、崩れ落ちた。
多分、これで神になったんだと思う、SU-METAL。
ライブはすごい盛り上がりだったが、その余韻の中、オーロラビジョンに次回のライブの告知が出た。
なんと、来年3月、武道館2DAYSだ。
2月には、アルバムも出すらしい。↓。

目黒鹿鳴館というライブハウスで「LEGEND〜コルセット祭り」をやったのが、去年の7月だから、
武道館への進出まで約1年半か。早いな。
ベルハーも頑張らないと。明日は、その鹿鳴館でベルハーのライブです。↓。

ベルハーも知ってることを前提で書くので、知らない人はwikiみて下さい。
BELLRING少女ハートが正式名です。
BGM. サディスティック・ミカ・バンド「タイムマシンにおねがい」


冬の装いPart.2

14/ⅩⅡ.(土)2013 寒い
もう忘年会シーズンですね。
僕は今日は、出身大学の精神科医局の忘年会だったのですが、外来が終らず、断念です。
だから、こうやって、クリニックに残ってブログを書いてる訳です。
僕はここ数年は真冬には白いダッフル・コートを愛用していました。
でも、去年くらいから裏地がボロボロになったので、こないだ冬服を新調しました。
消防士風のピンクのダッフル・コートです。これを着て、今日の忘年会に行く予定でした。撮影は、今日の遅番の富田さん。↓。

ピンクと言えば、今の髪色もピンクです。↓。

前の緑の方が評判が良かったのですが、クリスマス・シーズンということで、緑→赤、のイメージです。
判りにくいですが、グラサンはイエス様模様です。↓。

さて、皆さんはきっとお忘れでしょうが、10月19日の「風の噂とブログの予告」で今後の記事を予告しました。
以下の順番に仕上げるつもりです、と。
①「生きること、死ぬこと」
②「石野真子35th Anniversary Tour2013 しあわせのレシピ」のレビュー
③「バリ島」旅行記
④「BELLRING少女ハート」のライブのレビュー
⑤アニメ「日常」のDVD特典の肩身分け
⑥「爬虫類を飼うこと」

⑦立川志らくの落語会、などです、と。
ところが、①の「生きること、死ぬこと」を書き出してみると、先にしなければならない案件にぶつかり、滞っています。
何とか、年内に書き上げるように、頑張りますが…。いやはや、これがナカナカ大変な作業で、困っています。
ブログの予告なんて、するものじゃないですね。
BGM. TOKIO「何度も夢の中でくり返すラブ・ソング」


冬の装い

7/ⅩⅡ.(土)2013
12月8日は、ジョンの命日だ。
僕は、このシーズンには、決まったスカジャンを着る。
ジョンが射殺される前日か前々日の取材の時に着ていた、黒いスカジャンのレプリカ。
両腕の部分に、「般若心経」の文字が縫い込まれている。
ほぼ等身大、唯ちゃんに羽織ってみせました。こんなのです。↓。

冬の装いは、クリニックのバックヤードの入口付近にも、ハート型の暖簾のようなものを吊るしました。
これは、インド製で1つづつ手作りなので、同じ物はないそうです。
中でも、このエメラルド色は、珍しいそうで、僕はこの色に、会ったとたんに一目ぼれ。
このエメラルド色は、小倉優子の1stアルバム「フルーchu♥タルト」のポスターの縁取りに似ています。
向かって右側の白い壁に、額装して飾ってあるので、良かったら見比べて見て下さい。↓。

バックヤードの中には、掃除機などがしまってあって、毎日のお掃除に、この暖簾は邪魔かもしれません。
なので、右側のハート3個分は僕の身長ギリギリの高さまで巻き上げておきました。通路として。↓。

バックヤードには職員用のロッカーもあります。
だから、スタッフは皆、帰りに、バックヤードに入ってから帰ることになります。
仕事を終えて、帰り支度をして、背中を向けて、扉を閉めて、鍵を掛け、振り返ると、
最初に目に飛び込むクリニックの待合室の風景が、
このハート模様越しに見える、という仕掛けです。↓。

スタッフのみんなには、「今日も1日、お仕事、お疲れさま!」、という僕からのメッセージのつもりです。
だから、スタッフの皆さんは、「この暖簾、マジで邪魔!」、などと邪険に扱わないようにすること。
BGM. テディ・ベアーズ「To Know Him,Is To Love Him (会ったとたんに一目ぼれ)」


フチ子の次は、An&Min

3/ⅩⅡ.(火)2013 くもり
最近のクリニックでは「コップのフチ子」さんがブームですが、これは「タナカカツキ」という人の作品です。
こないだI.さんから、タナカカツキの新作品「双子の安眠OL、An&Min」シリーズから、「パジャマのAn」をいただきました。↓。
説明書によると、これはエラストマー素材で耳に優しくフィットする耳栓で、これで安眠(An&Min)できるという訳です。
アニメ「日常」のはかせとなのがヘタクソなラッパを吹いてるリーフが受付カウンターに飾ってあります。
「パジャマのAn」は耳栓なので、この絵の前に配置しました。「日常」と「An」の両者を活かす狙いです。いかがでしょう?。↓。

「双子の安眠OL、An&Min」で思い出しましたが、昔、「アンミンちゃん」と呼ばれる女の子がいました。
僕は、一度だけ、何かの飲み会で「アンミンちゃん」と同じテーブルになったことがあります。
彼女は馬術部だったらしく、馬ほど賢くて可愛いい動物はいない!、と美味しそうに馬刺しを頬張りながら力説していました。
僕は彼女が創造するアンビバレントな世界観に衝撃を受け、今でも馬刺しを見ると、「アンミンちゃんの語り」を思い出します。
「アンミンちゃん」の馬刺しで思い出しましたが、来年は馬年ですね。
皆さんは年賀状や来年のカレンダーや手帳などはもう準備しましたか?
僕は年賀状は馬っぽいものを用意しましたが、クリニックに飾る来年のカレンダーは、馬とはまるで関係ないです。
たとえば、ダイオウイカ。これは、デカいですよ。世界堂のラミネート係の人が、苦労してラミネートしてくれました。
僕の背よりも高いです。喫煙所側から見た、受付の扉に貼ってあります。↓。

扉が開いてるとダイオウイカは隠れてしまうので、そんな時に見たい人は受付に言って下さい。
眼の前と鼻の先で、ピシャリ!、と戸を閉めてくれるでしょう。
ダイオウイカのカレンダーは縦長なので、空いた横のスペースに「侵略!?イカ娘」を貼りました。イカ、つながりでゲソ。↓。

もう1つは、診察室の脇の壁に貼ってある「女子制服のスカート」型カレンダーです。紺色もありましたが、この色にしました。↓。

これは、スカートめくりの要領で、カレンダーをめくる面白グッズです。↓。

カレンダーは12月で終わりですが、その先も見たくなりますね。
これは画鋲で止めてあるだけなので、最後の1枚をめくる圧力で、画鋲が横に吹き飛んで、カレンダーが真下に落ちます。
これは、ビックリしますよ。画鋲とカレンダーが違う方向に飛んでるから、慌てて両方を拾おうとアタフタする姿が間抜けです。
こっそりスカートめくりをしたのが、周囲にバレてバツが悪い体です。こういう時こそ堂々としていた方が怪しまれません。
使用上の注意をよく読んで、おめくり下さい。ちなみに、12月の下にも、ちゃんと絵柄はあります。それは、見てのお楽しみ。
下が、「双子の安眠OL、An&Min」のガチャガチャ。安眠するには、2回する必要がありますね。全6種、1個300円です。↓。

「アンミンちゃん」、元気かな?馬刺し、食べたくなっちゃったな。
BGM. よしだたくろう「馬」