愛のひだりがわ

22/Ⅸ.(水)2010 はれ
『愛のひだりがわ』は、僕が1人で焼鳥屋に入る時、誰かに話しかけられたくないので、近くの古本屋で買い、泣きながら焼鳥を食べて読んだ本です。おすすめ図書です。
近未来の日本が舞台。幼い頃、子供の泣き声をきくと反射的に噛み付いてしまう癖のある大型犬・デンに噛まれ、左腕が不自由になった小学校6年生の少女・月岡愛。母を亡くして居場所を失った愛は、行方不明の父を探す旅に出る。
愛は犬と話ができ、愛に噛み付いてすまないと思っているデンや大勢の犬を引き連れているので「野犬の女王」とか「犬姫様」だとか呼ばれていた。
暴力が支配する無法の世界で次々と事件に巻き込まれるが、デンや、空色の髪をした美少年・サトルや、不思議なご隠居さんや、「魔呼徒」という不良グループなど出会った仲間に助けられて危機を乗り越えていく。                                       皆は競うように愛のひだりがわについて歩いた。それは左腕の不自由な愛を守るためにデンが始め、皆が受け継いだ。
僕がちょっとしんみりしたのは、空色の髪をしたサトルが愛以外の女の子を好きになったと告白するシーン。                                                        サトルの相手は、彼の入ってる宗教団体では「盲目の天使」と呼ばれている子だった。
愛は考え込む。「わたしは左手が不自由だし、そのひとは盲目。もしかして、サトルは憐れみのまじった気持ちで女性を好きになるタイプなんだろうか」と。
勇気と希望を失わずに生きる少女の成長を描くジュブナイル小説、そして衝撃のラスト・シーン。
「時をかける少女」の筒井康隆の傑作だ。↓。

ところで、どうして「愛のみぎがわ」ではなくて「愛のひだりがわ」なんだろう?。語呂の問題かもしれないが…。                                                   僕なりに考えた仮説をひとつ。
旧約聖書の詩篇16-8に、「主が私の右におられるので、私はゆるぐことがない」とある。
神様が「みぎがわ」にいるから、犬や人間は「ひだりがわ」なのかな、って思った。
BGM. アダムス「旧約聖書」


8 Replies to “愛のひだりがわ”

  1. いつも楽しく拝見させて頂いております(o^^o)
    素敵な本との出会いは、何物にも変え難いですよね。
    クリニックの本の量にもナットクです☆
    私も是非「愛のひだりがわ」読ませていただきます( ^ ^ )/

  2. 愛のひだりがわ、会社の金で行ったスナックの店員に勧められ読みました。
    川原先生ほど考察はできないですが、面白かったので私もお勧めします。
    同時に教わった現代文庫が数冊あるので、10日後くらいにアップします。

  3. 改めて読むと、よくできたお話ですよね。面白かったです。
    物語を存分に楽しんだ後、現実に戻れる人はよいとして、戻れない人は危険だなあとも思いました。

  4. 遅くなりました。
    スナックの店員のおススメ
    ・家守奇譚(梨木香歩)
    ・ぶらんこ乗り(いしいしんじ)
    ・夜中の薔薇(向田邦子)
    その他おススメ
    ・脂肪の塊(モーパッサン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です