夢の展覧会(完璧版)

14(金)~20(木)/Ⅹ. 2016  
ベルハー・ショックの、みずほロス、で、こんな時は何を言ったらいいのか、わからない。
FM北海道「みずほのほ」には、<あまりのショックで手がふるえます>と、
ふるえた文字のファックスを送ってみました。…ちょっと、怖いですね。↓。

気分はまるで、フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」、で、そんな時こそ互助精神で、
スタッフに何かご機嫌な記事で繋いでもらって、時間を稼いで、気持ちを立て直せればとも思うのだが、
気分が下がっていると、人に頼るのも億劫で…。
人に頼れないなら、昔の自分に力を借りよう、と、思いついたのが、僕は高校の頃から夢日記をつけていて、
時々、挿絵も添えているから、それらをアトランダムに載っければ、まるで、夢のイラスト展覧会。
絵には解説は無用の長物、風味を味わってもらえばよい。
あっ、待てよ。今、僕の携帯電話はカメラ機能が壊れたままだから、撮影を誰かに頼まなきゃ、だ。
頼めば、誰も嫌とは言わ(え)ないだろうけれど、それもそれで気を使い、とかくにこの世は住みにくい。
そんな、すったもんだ、も、一っ飛び、完成させました!夢の展覧会。
・カラス貝のマニキュア女vsトラディショナル・ブルー~瞳~少年風(1981.9月)

・伊藤つかさは、トマソンがお好き(1982.1月)

・貪婪(どんらん)…非常に欲が深いこと(1982.1月)

・手のひらを太陽に(1982.1月)

・もう君に逢うこともない、心は揺れても(1982.2月)

・小田急線のひとコマ(1982.2月)

・本厚ちゃん(1982.3月)

・キヨシローのまね(1982.3月)

・川守田(1982.4月)

・一人になりたい…ううん、一人がいやだから。(1982.7月)

・伊代はまだ(1982.8月)

・天才の誤算(1982.9月)

・テスト前日(1982.12月)

・物理ダメ(1983.2月)

・ダルなboyは、Love is Real.(1983.3月)

・マリン・スポーツ(1983.5月)

・カルピス(1983.5月)

・誕生日。小指と小指をつないで歩く、理科室でキス(1983.7月)

・夢見る年頃~36/38≒95(1983.8月)

・野球大会(1983.8月)

・クリスマス・イブ(1983.8月)

・恋人峠の昼下がりPart.2(1983.9月)

・すっかりトロピカル(1985.7月)

・明日のイブはRC(1985.12月)

・オキドキの古着で遊園(1986.5月)

・直ちゃん(1987.6月)

・Hanesの白のTシャツに血を滴らせてしまった(1987.6月)

・元・日本軍の男と、ユキヒョウ(1987.7月)

・大船観音がくずれた(1987.7月)

・みつけてくれたらキスしてあげる(1987.7月)

・甘くて冷たいアイスクリーム・ベイビー(1987.7月)

・気がつけば兵隊(1987.7月)

・眠れ。ライオネル・リッチーの墓の上(1987.7月)

・スタン・バイ・ミー(1987.8月)

・ニース予想図(1987.8月)

・アイスもハシャいでる、僕は日焼け(1987.8月)

・ダチョウ(クジャク)ともも焼き(1987.8月)

・僕は照れる(1987.8月)

・新宿地下の靴専門店(1987.8月)

・過ぎ行く夏を惜しんで~絵を描く2人の少女(1987.9月)

・念力(1987.9月)

・さっきまでの競争のつづきだ(1987.9月)

・渡り廊下の窓から連中が手を振る(1987.9月)

・脳外科はじまる(1987.9月)

・お前はストーブの前でのびていた。あくびしかしなかった(1987.9月)

・聴神経腫?すぐに手術(1987.10月)

・宙に浮く機械(1987.10月)

・すいみんやくが欲しい(1987.10月)

・明るく生きるコト(1987.10月)

・サンボのジャケット(1988.7月)

・オバQが正ちゃんのクラスの記念写真に写ってしまった。皮膚科テスト、60点。(1988.7月)

・ウサギに乗って空を飛ぶ(1988.12月)

・うその固まり(1989.1月)

・すべては幻想である(1989.1月)

・柔道(着)一直線!激しい視線の火花が散る(1989.4月)

・世代交代の口約束(1995.3月)

・2002.8月6日からの夢日記の表紙

BGM. サザンオールスターズ「別れ話は最後に 」


26 Replies to “夢の展覧会(完璧版)”

  1. 川原先生、こんにちは。
    ふふ、ほんと <…ちょっと、怖い> ですね。
    でも先生の気持ちが素直に出ていて、<こんなステキな絶望をくれるなんて>
    なんて、ステキなセンスの表現ですね。
    私は先生のアイドル ” みずほちゃん” を知らないけれど、気持ちを受け止めてくれそう。
    ” 夢の展覧会(仮)” 、楽しみにしています。
    あ、もしかしてもう完成形でしたか?(汗)
    だったらすみません。脳内再生します。

    1. ei、さん、こんばんは。
      コメント、ありがとうございました。
      夢の展覧会、の写真はまだ撮れてないのです。
      夢を視覚化するのは容易くないということでしょうか。
      ではまた~

  2. 先生、こんばんは。
    世の中いろいろありますよね。
    絶望的な気分、私はカワクリに初めて電話した時が2回目で、1回目は今の先生の状況と少し似ています。
    私は今日、良いことが二つ、悪いことが一つありました。
    二つ目の良いことは、ついさっきあった出来事で、一つあった悪いことをほぼ打ち消してくれました。
    夢日記ですが、日記を書くのと同時にタイトルも付けていらっしゃるのですか?
    タイトルを読むだけでも、想像が広がります。
    ベルハーはいま北海道ですが、17日(月)は新宿ロフトですね。
    オンエアされるかどうかわかりませんが、みずほはメッセージ全部読んだ、とツイートしているので、先生の震える手紙も読んでますよ。
    https://mobile.twitter.com/mizuhoBRGH/status/787138163462459392

    1. トモトモさん、こんばんは。
      今度、発売予定の写真集、すごく良い出来です!!
      発売が楽しみです。
      みずほ、の単独写真も、まるで全力を使い果たしてグッタリと壁にもたれかかって、
      力尽きた右手で敗者のようなVサインをしていて、
      こんな素敵な絶望のピース・サインは今まで会ったことがありません。
      目から血が出るほど、何回もみました。
      みずほのほ、には今日、午前にもう1通、滑り込みでファックスを送りました。
      「10回クイズ」です。感傷的にならないように強がった結果、とんちんかんになってしまいました(笑)
      ブルブルファックス同様、どちらもオンエアはされないでしょうが、我人生に悔いなしです。
      ところで、良いことと悪いことを、各々、列挙して考える習慣は、認知療法的には推奨されてるようですよ。
      どんな良いことと、どんな悪いことが、あったのか今度、聞きますね。
      色々とフォローをありがとうございます!感謝します!!

  3. みずほへの愛が伝わってきますね。
    そこまでショックだとは・・・・
    診察に影響が出ないように気合注入して下さい。
    夢日記は川守田が気になりますね。
    あと恋人峠の昼下がりPart.2のパート1が知りたいですね。

    1. sinさん、こんばんは。
      昨日、中野ブロードウェイで、衝動的にセーラーマーキュリーのポスターを買ってしまいました。
      女の子グループの、水色担当に飢えてたのでしょうか?
      そう言えば、まどマギの、さやか、のフィギュアも何度か手にとりました。
      みずほロス、はこのように埋め合わせしてるから、診察には影響しないと思います。
      気合を入れますね!
      川守田は、初恋の相手。
      恋人峠~、は山口百恵の「プレイバックPart.2」と同じで、Part.2から作りました。
      ちなみに、山口百恵には「プレイバックPart.1」という歌がありますよ。
      「THE BEST プレイバック」というベスト盤に入ってました。暗い歌でした。

  4. 先生、おはようございます。
    明け方に完璧版を見て、コメントしたくなりましたが、4時台だったのでやめておきました。
    イラスト付きで文章も書いてらして、先生はこの種の行為が苦ではないのですね。
    羨ましいです。
    最後の「2002.8月6日からの夢日記の表紙」を見て、先生は大きなノートに日記かいていらっしゃるんだ、と思いました。
    というのも、カワクリの内装にもあった、おとなの社会学習帳の「れんあい」と「妄想」を私は買って持っているのですが、使い道がないのです。診察に持って行くにはバッグに入るサイズが便利なので、これでは大き過ぎるのです。
    家でこれに日記を書いて保管しておけば良いですね。
    火曜日に、人生初の良い事がありました。
    次回の診察の時に話します。
    水曜日は志らくの「文七元結」で、また泣きました。前回、文七を聴いた時と同じところなんです。生きていれば良いこともある、というセリフのくだり。
    回りの人々は笑っているのですが。
    「時そば」では、勘定するところでまさかの言い間違いでした。以前NHKの生放送で同じことがあって、トラウマになっているそうです。勿論、それも含めて良かったです。

    1. トモトモさん、こんばんは。
      今、みずほのほ、を聴き、残り1回ですね。
      最終回に、読まれたらいいですね。
      さて、夢の展覧会、みてくれてありがとうございます。
      これの元ネタは、志らくの画廊、だったのです。
      談志はあまり「文七」やらなかったですが、志ん朝が死んでから、何回かみました。
      特に、「最初」は、志ん朝の物真似でやろうか、なんて言ってた記憶があります。
      もうすぐ、談志の命日ですね。
      志らくが、最期に会ったのは、ひょっとして今頃かしら?
      そういう命日反応みたいなものが、師匠を乗り越えてはならない、という葛藤の末、「時そば」の間違いに影響してたりするのかな?などと妄想してました。
      無意識って奴は、そういうことをしますからね。
      そんな無意識と普段から仲良くするには、夢日記が良いと思います。
      夢日記には、あのサイズのノートは適してると思いますよ、特に絵を描くなら尚更です。
      火曜日の良い事、今度、教えて下さいね。
      ではまた~

  5. なんかブログの内容が変わってるとおもったっら画像が全部に入ったのか!!
    後からページを改造するとは、やるな!先生!!
    それにしても・脳外科はじまる(1987.9月)の絵はなんともシュールですね。

    1. sinさん、こんばんは。
      「夢の展覧会」、みてくれましたか。ありがとうございます。
      脳外の絵は、シュールですか?
      やったー!ホメられた!(←みずほ、のマネ)

  6. 病室で、談志が志らくに何か言いたそうにしていて、「『電気、消せ』ですか?」と気持ちをくみ取ったら正解だったのが、最後に会った日でしたっけ?
    来月が命日ですね。
    今朝、さっそく夢日記を書こうとしてみましたが、中々思い出せないものですね。
    軽く「いや!いや!」と拒否している自分の声で起きたのは覚えていますが、何が嫌だったのか、もうわかりません(笑)
    でも、少し続けてみます。

    1. トモトモさん、こんばんは。
      そうそう!「電気、消せ」です。
      ニーチェの逆ですね(笑)
      夢日記って、最初ダメですよね。
      でも、一週間くらいで慣れませんか?
      僕はノート1冊続けて書くと、細部まで思い出せました。
      もう少し、続けましょうよ。
      ではまた。

    2. トモトモさん、おはようございます。
      「もっと光を!」は、ゲーテ、でしたね。
      ニーチェは、「神は死んだ」でした。
      「談志が死んだ」に引っ張られました。

  7. おはようございます。 冴えない天候に、外出するのが少し億劫に感じています。
    先日にボーダー(?)を下回る低調域に在ることを感じ始めている旨をお話しました。
    恐らくは9月以来の新たな取り組みによると思われる、”感じ取り方”に対する(多分)今までにしなかった考え方・捉え方を廻らせて日々を送っております。 あくまでも冷静な時には。 なので自己の記録付けの忙しいことと言ったら、いやはや・・・
    ところで。 ”続けて”おられるのですね。 素晴らしいです。 もはや ”・・・力也。” どころじゃありませんね。
     『そうそう。ホタテを舐めるなよ? って、誰がリキヤじゃいっ!』 などのノリ突っ込みも大歓迎でしょうか。
    私も早朝に『ガバっ!』と跳ね起きて、ひたすらにキーボードをパタパタと叩き続けたコトが・・・ 何度かあります。
    しかしイメージを文章に残す都合上、どうしても補足や解釈を挿入したりと、付随(派生的?)作業が発生してしまうのです。 でも何とか見たままにこだわって残したモノが、後から読み返してみてもそれ程には有意義に感じられるでもなく、今ではあまり意識に上りません。 自分のトコに数件ほどUPロードはしましたがそれっきり。 きっと夢に見た内容の面白さと、その時の自分のコンディション次第で”衝動的”にヤレる程度であり、続けられる程には自分にとって簡単な作業じゃナイと解ってしまったからなのでしょう。 もはやスッキリ忘れてましたけれど、ホント疲れましたから。
    では。また来週お願いします。
    BGM. ホタテマン(安岡力也) 『ホタテのロックンロール』

    1. 散文気分さん、こんばんは。
      続けて、と、力也、の法則が判りません。
      今回も、南海ホークス、ですね。
      きっと固定ファンも喜ぶことでしょう。
      散文気分さんも、夢日記を一時期、つけていたのですね。
      ではまた~

  8. 先生、おはようございます。
    夢日記書いて、二度寝して、二つ目の夢日記書きました。
    二度寝の前に、これは、「もっと光を!」だと思い、ニーチェに何の疑問も持ちませんでした。
    ゲーテでしたね。

    1. トモトモさん、こんばんは。
      夢日記、つけてるみたいですね。
      ところで、全然、関係ないですが、談笑の「シャブ浜」って聴いたことありますか?
      僕はないです。聴きたいですが、さすがに、ユーチューブとかにはないですよね??
      ではまた~

  9. 先生、こんばんは。
    夢の展覧会が“完璧版”になっていて、びっくりしました。(完成、じゃなくて、完璧、なところが、そのセンス好き、と自分的には思いました。)
    絵は、表情がかわいいな、と思いました。…ざっくりした感想ですみません。
    私も、文では起こしていたのですが、絵も添えるとなおいいな、と良いアイデアをいただきました。先日は睡眠剤を飲み忘れ、半分こちらの意識を持ったまま、別次元のもう一人の私の人生をそれはリアルに濃厚に実体験しました。パラレルワールドだったのかな。おかげで今生ではもう私には経験できない立場を知ることができました。そのままこの世の夜明けを迎え、もう、次元も時間もなくなりました。夢ってすごいですね。
    そういえば先生、NHKで知世ちゃんが主演のドラマ「運命に、似た恋」をご存知ですか?すごくいい、です。あの知世ちゃんが、やっぱり可愛く、美しく、透明に年をとっていて、素敵です。あのドラマにぴったりです。

    1. eiさん、こんばんは。
      僕も昔、夢と現実の区別がつかなくなるのが怖くて、(多分、パラレルワールド的な)、
      実家のトイレに鉛筆で印をつけ、<迷ったらここに来よう。これがあったら現実だ>と設定しました。
      幼稚園か小学校の低学年の頃です。
      しかし、夢の中の僕には、その記憶がないので、1度も確かめに行ったことはないままです。
      ところで、原田知世情報、ありがとうございます。
      是非、みてみてみます。
      ではまた~

  10. 川原先生。こんばんは。
     先生は、みずほロスから、立ち直りましたか?
     私は、現実に目を向けて、生きていこうと、いまさらながら、心に決めました。
     私のことを大切に思ってくれる人がいないなら、自分で自分を大切にしよう。
     私の前から消えていった友達を懐かしむより、自分の人生を楽しもう。
     悩んでるなんて、スイートなこと。
     でも、そんなに簡単に割り切れないから、川原先生に会いにいくんですけどね。
     

    1. シンシアさん、こんばんは。
      僕の、みずほロス、は大丈夫です。
      間違えて、さくら学院、の同一公演のチケットを4回注文してしまったくらいです。
      人生は、リアルもバーチャルでも色々ありますが、簡単に割り切れないものですね。
      金八先生ではありませんが、支え合って行きましょう。
      ではまたね。

  11. 先生、こんばんは。
    夢日記、続けていますが、他の(悪い)状況にプラスして日記を書くことで無理した結果、「自爆」したので、ゆるく続けようと思いました。
    「シャブ浜」は聴いたことないです。
    談笑は生では3回しか聴いたことありませんが、時々理詰めな感じを強く感じて、スカッとするけど私の好みではないなぁと思いました。
    この頃YouTubeの規制がさらに強くなっていて、前に見つけた映画「銀座カンカン娘」も、一部分を切り取った動画しかみつからないですね。
    学院祭、私も行きますよ。

  12. すみません、調べたらYouTubeに「シャブ浜」ありました!
    【落語】シャブ浜(芝浜・改)立川談笑、というタイトルで去年11月に公開されてました。

    1. トモトモさん、こんばんは。
      シャブ浜、情報、ありがとうございます!
      やっぱり年の瀬は、芝浜、ですからね(笑)
      志らくは、今年は、やらないんでしょう?
      談笑の「シャブ浜」で今年は越してみます。
      銀座カンカン娘、の、志ん生は若いですよね。
      「変り目」を家族の前でやるやつでしょう。
      学院祭は舞浜のことですよね??
      僕は間違って、4枚、チケットをとれてしまったのです。
      これからどうするか考えます。
      ではまた~

  13. 12月23日の「今年最後の立川志らく独演会」は、” 〜芝浜一代記 〜”とサブタイトルがあって、演目は「芝浜」ほか二席、となっています。
    12月26日(月)の志らく一門会が、本当の最後の(ほぼ)独演会ですが、23日があるので独演会とは呼ばないけれどスペシャルな会になるようです。
    年越しといえば、31日のベルハー、たぶん私は行きます。
    みずほがブログで「無理せず1ミリくらい無理して会いに来て欲しいな、残り少ない時間たのしもうね」と書いていたので。
    31日じゃなくても、無理しないで少し無理して、見て(聴いて)おきたいな…という心境になっています。

    1. トモトモさん、こんばんは。
      志らく情報&ベルハー情報、ありがとうございます!
      いつも貴重で助かっていますよ。
      僕は23はとりましたが、26は知らなかったので、ベルハーのライブがなければ、そっちに行きます。
      31も、今年は久々に格闘技に行こうかと思っていましたが、このコメントでベルハーに決めました。
      この後、みずほ、のブログ、読んでみます。
      教えてくれて、ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です